ときに"モーガン"、ときに"たけちゃん"、そろそろもうひとつ名前が欲しい。
2009年 01月 05日
「WALL-E」を観てきました。
c0036744_10253662.jpg


写真は無関係です。

やっぱりロボットものはイイですね。
スター・ウォーズ世代はドンピシャです。
ディズニー作品かとちょっとナメてましたが、CGの凄さに驚きました。

やんわりと飽食・消費社会を批判しつつも、基本はラブストーリーなんですね。
セリフは最小限。これがかえってロボットの「体温」を感じさせてくれます。
細やかなしぐさや表情と、その表現が素晴らしい。

エンドロールまで飽きさせません。
僕が見入ったのは、壁画にはじまり印象派まで、絵画のタッチが変わっていくところ。
最後はファミコンになります。どういった理由なのかはわかりません。
・・・と思ったら「あれはナウシカへのオマージュなのでは」と読む書き込みを見つけました。
読みが深すぎ・・・・なのか? 果たして・・・。

冒頭エレピの音に即反応してしまったエンディングの曲(ピーター・ガブリエル)も、
なんだかとっても良いのでした。

ウォーリーを見て「ふたりのイーダ」に出てくる歩く椅子を思い出した。
あんな顔してなかったっけ・・・
[PR]
by morgan1969 | 2009-01-05 10:27 | 雑記
<< サイバーな切れ込み 年賀状の文化 >>

ファン申請

※ メッセージを入力してください