「ほっ」と。キャンペーン
ときに"モーガン"、ときに"たけちゃん"、そろそろもうひとつ名前が欲しい。
2009年 04月 03日
2つのビッグなLive☆インフォーメーション
その一

「GUEEN」
5月2日(土) 渋谷O-EAST


c0036744_358058.jpg

バンドの歴史も内容も、アマチュアにしては十分ビッグなライブです。

お客さんにチケットを買ってもらったその売り上げは、
一銭たりとも僕たちの懐には入れないで、全てをライブに還元する徹底ぶりと、
それでも毎回、悲しくなるほど献身的な、
もしかしたら、ただ単にビッグな箱で豪快に遊んでやろうという、
そんな大人たちが集まって繰り広げる、これまたビッグなジョークを、
もう10数年もコンスタントに続けていられるのは、やはりお客さんが居てくれてのことで、
そうやって続けていられるアマチュアバンドの中にいられることが本当に幸せです。

まもなくリハが始まります。
もうすでに年中行事のひとつとなっていますから、その都度特別な想いもないけれど、
いつもどおりで、久々の曲も随分引っ張り出してきて頑張ろうと思っています。

いろんな現場で「GUEEN」が名刺代わりになっています。
まったく希有なバンドです。

チケットは・・・・
4月4日(土)より、ぴあ、ローソンチケット、e+、O-EAST窓口にて発売。






その二

「Chambers Records 5th Anniversary Live」
6月14日(日) 東京・一ツ橋ホール



こちらは「出演者数」がビッグなライブです。

名前のとおり、
お世話になっているインディーズ「チェンバースレコーズ」5周年の記念イベントでして、
関わりを持つ歌い手さんが多数参加+αで、凄い数になったという次第。
僕の周辺の人には、
昨年末発売された「バンド+エイト」のLive版と言えば、理解しやすいかも知れません。
アルバム「バンド+エイト」はやります。

でも僕の書いた数少ない貴重な曲のうち、
いろいろあって「紅のダイヤモンド」だけは演奏しません。残念です。

「チェンバースレコーズ」での仕事量が、披露曲数に如実に反映されるライブになりそうですが、
そこが5周年という時間が物語る歴史であって、
これ以後5年は僕が行かせてもらいますから。特に質という部分において・・・・なんてね。
個人的にちょっとした区切りの気持ちで臨みます。

チケットは・・・・
4月10日(金)19:00~ e+より先行発売。


いずれのライブも、またはそれ以外のものも、
僕のサイトにて情報は随時更新していますのでご覧ください。
そして是非遊びにいらしてください。
[PR]
by morgan1969 | 2009-04-03 04:06 | 音楽
<< 今話題のETC レオナルド・ダ・ヴィンチ >>

ファン申請

※ メッセージを入力してください