ときに"モーガン"、ときに"たけちゃん"、そろそろもうひとつ名前が欲しい。
2009年 05月 19日
「音楽の正体」
クラシックの作曲をひととおり学んだ僕にとっては、
少々強引な結論など突っ込む場所も多々あるけれど、
「楽典」「楽式論」を噛み砕いて説明する内容に、
一体誰をターゲットにしているんだろ、という疑問と共に衝撃を受けたCXの深夜番組。

僕が20代前半に放送されたものだから、全話は入手できないけれど、
ネットからダウンロードして、今年度2年生の授業で見せています。

今日のお題は「フーガ」。

さすがに今回ばかりは学生たちはポカ〜ンでした。
フーガは縦と横の関係が作り上げる崇高な芸術作品だからね。
バラエティ番組を20分見ただけでわかってもらっちゃ困るわけさ。
ちなみに、タタキ台は「恋のフーガ」でした。
[PR]
by morgan1969 | 2009-05-19 19:44 | 音楽
<< 裁判員制度くじに当たっちゃった人 リハーサル・ダブルヘッダー >>

ファン申請

※ メッセージを入力してください