ときに"モーガン"、ときに"たけちゃん"、そろそろもうひとつ名前が欲しい。
2009年 08月 30日
映画「20世紀少年」を、
観てきました。


原作でかなりページを割いていた部分も相当コンパクトになっていました。
映画独自の演出とストーリーの繋がり方をしているので、既読派も十分楽しめます。

もしも「ともだちって誰?」という部分に興味を持って観ているのなら、
原作を読んでその答えを知っていたとしても、新しい展開があって驚きました。
そう設定したかっていう・・・。

最後は綺麗に締めくくられています。ドラマタッチ。
「ともだちが誰かということは問題じゃない」ということを、
オリジナルよりもわかりやすく描いてあるなぁと思いました。

ケンヂは歌いましたよ、あの曲。
[PR]
by morgan1969 | 2009-08-30 23:56 | 雑記
<< おや知らズ2 映画「20世紀少年」は、 >>

ファン申請

※ メッセージを入力してください