ときに"モーガン"、ときに"たけちゃん"、そろそろもうひとつ名前が欲しい。
2009年 11月 23日
ちょっとしたジレンマ@FREEN神戸
c0036744_7162145.jpg

21日(土)、Freenが神戸でライブをやりました。


前日夕方もリハをやって帰宅。
翌午前3時に家を出るつもりで就寝準備をしていたら突然電話が入り、出発が2時間前倒しに。
(結果的には賢明な判断だったのですが)寝ることを諦める方向へ・・・・
そんなこんなで、ハノイもっこすさんとの打ち上げの時には、エネルギー切れ著しく、
宿に戻ると秒単位の撃沈でした。


久しぶりに関西の空気を味わえ、良い雰囲気で盛り上がって、
頼もしいライブになったのではないでしょうか。

c0036744_7195244.jpg

c0036744_7203896.jpg

神戸在住のGUEENのチーフエンジニア、
KUMAさんにも出張前に遊びに寄っていただき再会しました。



翌日、大先輩・松本さんは先に東京に戻られ、
残ったメンバーと同行スタッフみんなで「鉄人28号」を見に、新長田駅まで足を伸ばしました。

c0036744_722070.jpg

c0036744_7221146.jpg


丸いボディキャラを選ぶところが関西的だ、とみんなで話していました。
東京だったら、やっぱりスマートなガンダムということになるのでしょう。



みんなと鉄人。

c0036744_7231783.jpg



鉄人と僕。

c0036744_723567.jpg


c0036744_7242014.jpg


c0036744_7243919.jpg



帰りは朝にたこ焼き、夜は富士川インターでしらす丼をいただき、
みんなで旅の醍醐味を味わえました。

c0036744_7245767.jpg





今回のライブは多分に、マッキー(vo)のオーディエンス掌握力の賜物で、
演奏はしっかりやったけれど、プラスαの力不足を冷静に感じてしまいました。

QUEENというバンドの楽曲に頼っている部分もそう。
同じバンドのコピーを掛け持ちすることで気がついたのが、
お客さんはオリジナルに思いを馳せているのであって、
誰が演奏しているかどうかはさほど問題じゃない、ということ。

この夜は逆。
マッキーが歌っていれば、QUEENじゃなくてもよかったってこと。
もしQUEENを楽しみにしているのであれば「フレディ!」と声が飛ぶはずだ。
この日はなかった。

僕はGUEEN在籍は長いし、その時間の分だけの深い愛着も持っているから、
今回のようにFREENがライブで盛り上がると、
それはとっても嬉しい反面、GUEENとしての自分が嫉妬していることに気がつくのでした。
楽曲の重複に頭の切り替えが大変なように、
自分のポジションのバランスが難しく、それがジレンマになっているみたいです。
もしかしたら、GUEENの新規開拓の停滞感・・・・なのか、
リスペクトという趣旨以外にほかのコピーバンドととくに明確な違いのない、
ニの線を捨てきれずにいる半端なFREENの位置づけなのか、
音楽を生業としているうえでは、
まあ、いろいろとやっていれば思うところはあって、
そこが「コピー」の一番難しい部分だったりします。

ともあれ、今年は明日と来週の2回、QUEENを演奏しますので。
FREENはなんとワンマンです。
GUEENはとっておきのネタを仕込んでいます。
[PR]
by morgan1969 | 2009-11-23 07:33 | 音楽
<< ワニでのFREEN 歌魂注入 >>

ファン申請

※ メッセージを入力してください