ときに"モーガン"、ときに"たけちゃん"、そろそろもうひとつ名前が欲しい。
2010年 05月 17日
甘物欲望和菓子編
悪いのはベースのI君だ。


柳ジョージさんの名古屋公演が終わって、打ち上げに繰り出そうとホテルのロビーに集まった。
そこでベースのI君が口火を切った。

「かりんとう饅頭 って知ってます?」


外がパリッの食感もひっくるめて相当ウマイ、止まらなくなる・・・
という要旨の話をしばらく聞かされ、
僕も質問の鬼となり、
そのやりとりは激辛台湾料理店に到着するまで続いた。


そのルーツは定かではないけれど、
I君は家の近くで買ったと言っており、まずは都内を調べてみた。
いやいや、だったら我が埼玉県にだってあるんじゃないか。

そこから僕のiPodのSafariのブックマークには
かりんと、かりんと、かりんと、かりんと・・・・の文字が並んだ。

リサーチの結果、生活行動範囲内に2店発見。
うちひとつはお休みだったため、
埼京線与野本町駅に隣接したガード下にあるお店へ買いに行くことにした。


じつは和菓子界でちょっとしたブームだったりするのか?!
店の前には「大人気 かりんとう饅頭」と書かれたのぼりが。

店を入るとすぐ左手にかりんとう饅頭特設コーナーがあって、
そこには、明らかに近所のおばちゃんが2人、店番がてら座って世間話をしている、
そんな昭和な空気のアットホームなお店でした。


おばあちゃん(この人は店の人)が「これから揚げるので」と言うから、
こし餡とつぶ餡を2個ずつ注文して店を出た。1個100円。
十数分後、取りに戻ると
「揚げることばっかり考えてて、こし餡しか用意してなかった」
ここまでの空気と流れで「いいよいいよ」ってことになるでしょう。
こし餡饅頭を4個持って帰った。

c0036744_16581647.jpg


帰宅後、食す。


ヤバス!


ここの饅頭は、それほどパリッとはしていないけれど。


結果的に、こし餡で正解だったと思う。


実家からほど近い場所だし、今度教えてあげよう。


そして次はもう一軒のほうへも。


僕のオフ日は、このかりんとう饅頭に捧げることとなった。
それもこれも、悪いのはベースのI君だ。
[PR]
by morgan1969 | 2010-05-17 17:05 |
<< デジカメ顔認識機能の実験・その1 柳ジョージ@名古屋・浜松 >>

ファン申請

※ メッセージを入力してください