ときに"モーガン"、ときに"たけちゃん"、そろそろもうひとつ名前が欲しい。
2005年 09月 19日
献杯
学生時代のアルバイト仲間の同窓会に出席した。
在学中の4年間続けることで、ある種サークルのような人間関係を作れたアルバイトだった。
そしてこの同窓会、僕の同期が就職してすぐのちょうどこの時期、
一年上の先輩が急逝するという、悲しい出来事がきっかけとなって、毎年開かれるようになった。
とはいっても、僕は久しぶりの参加。
人が集まれば、異常にある方面の記憶力が優れている輩はひとりはいるもので、
彼によると、僕の顔出しは、'98年の同期の結婚式以来だと言う・・・・・詳しい。
諸先輩方を含めて、父親となった人が5人しかいなかったのは、
この国の少子化事情の縮図をみているようでもあった。

そのあと、リハに行かねばならなかった僕は、
他の人には、違う世界で生きている人間に映ったのだろう、きっと。
ちゃんと、藤岡弘、氏のアルバムのチラシは配っておきました。

追記:
あのオウンゴールは、サッカーの神様がくれた最後のチャンスだ、と僕は受け止めた。
しかし、鞠戦のチケットが売り切れとは・・・
その日の予定がキャンセルになっただけに、テレビ参戦は悔しい。
[PR]
by morgan1969 | 2005-09-19 04:44 | 雑記
<< 「さらば青春の光」 暗黒の象徴、我が家にも現る。 >>

ファン申請

※ メッセージを入力してください