ときに"モーガン"、ときに"たけちゃん"、そろそろもうひとつ名前が欲しい。
2005年 11月 09日
アホンダラが!
11月7日 20:01、突然ネットが繋がらなくなった。夜が明けても、日が暮れても、夜が明けても・・・
復旧に気がついたのは、ついさっきだ。報告も無しか。
約47時間、生活情報の遮断を体験させてもらった。

ネットという媒体への依存度が高い生活をしている僕にとって、これは損害賠償ものの事態だ。
しかもトラブル直前、ドン・キホーテの社歌を検索していたという、
しなくてもよい、情けない作業の瞬間での出来事だったから、怒りは収まらない。

この春に引越をした今のマンションへは、
販売した不動産会社系列のプロバイダがはじめから入っており、
住民に選択の余地はなかったのだ。

入居してわずか2週間で、危惧していた事態が起きる。
夜11時を過ぎると数時間アクセスができなくなる事が、幾日も続いた。
「当初予想以上の利用者が・・・」
それが、130戸を越えるマンション住民に対しての言い訳なのか。

その後も似た現象はたびたび起こった。
毎度毎度のお粗末な対応、
24時間サポートセンターは午前3時に電話しても「大変混み合って」いるそうだ。

9月末には、商社数社が出資する会社にネットサービス事業を移管。そしてこの事態だ。
おなじみの(0033)通信会社の回線が原因らしい。

以前住んでいた同市内のマンションでは、地元の弱小CATVからサービスを受けていたが、
僕がメールボックスをパンクさせた時以外、目立ったトラブルはなかった。

これは住民総会で意見しなければ、我が家ではそういう結論に達した。
(こまめに行スペースを空けると、読みやすいですな)
[PR]
by morgan1969 | 2005-11-09 18:47 | 雑記
<< 無駄な皮算用はしないこと Honey Butterfly... >>

ファン申請

※ メッセージを入力してください