ときに"モーガン"、ときに"たけちゃん"、そろそろもうひとつ名前が欲しい。
2005年 12月 14日
今世紀はじめて
大学時代、同じ門下で作曲を勉強していた同級生Tと呑んだ。
会うのは、今世紀はじめて。本当に幾年ぶりだろうか。
お互い「変わらないねぇ」。嬉しい言葉だ。

僕は、母校の入試は合格点を計算できるほど、自分に余裕があった。
だから、合格発表も見に行かなかった。
でも現実は、試験結果ほど甘いものじゃないことを、彼に出会って思い知ることになる。

Tは入学時から、国体のファンファーレを書いたりと、バンバン才能を発揮させていた。
管楽器アンサンブルにめっぽう強く、
がっしりした身体そのままに、彼の曲は、チカラ強い音となって響く。
そんな印象を4年間受け続けた。

ここに書けないことも、たくさん話した。
卒業してからいままでのこと、初めて聞いた話もあったなぁ。
こういう仲間と久々に会うと「生き残っている」という感じがする。
きっとお互いに。

師匠への年始の挨拶を一緒に行くことを約束して、今日は別れた。
[PR]
by morgan1969 | 2005-12-14 21:39 | 雑記
<< 巨大なプレゼントだ。 本当は自分が楽しみなんじゃないの。 >>

ファン申請

※ メッセージを入力してください