ときに"モーガン"、ときに"たけちゃん"、そろそろもうひとつ名前が欲しい。
2006年 01月 12日
ゆる〜い1日
外に出る用事のない日の午前中って、
無駄にしてしまうのはもったいないと思う。
自分で1日の時間を調整できる日、
ゆっくり寝ていることだってできる日に限って、
外に出たくなってしまうのだ。

川口のビール工場跡にできた、ショッピングモール内の映画館に
「三丁目の夕日」を観に行った。
早く観ないと終わっちゃうと思った。当然モーニングサービスを狙う。
道中、J-WAVEのナビゲーターも
「昨日観てきました。終わっちゃうと思って・・・」と言っていた。

館内は、年配の方がほとんどだった。
上映中に「そうそう、○○は○○だったのよねぇ」なんて、
連れの人と小声で思い出を語っているぞ。
泣かせるポイントがわかりやすくて、昭和人なら、誰が観ても楽しめる作品だと思った。

でも僕が一番グッときたのは、
鈴木オートが息子の枕元に、クリスマスプレゼントを置くシーン。
僕自身、随分大きくなるまで、サンタクロースの存在を信じていたから、
親と自分を投影してしまった・・・
きっと他の人にとっては、なんでもないシーンだと思うわけです。

昭和33年の話だけど、
44年生まれの僕にとっても「懐かしい」部分がたくさんあった。

淳之介の運動靴、
家の階段を登る音、
客車内の路線絵図、
家と家の細い隙間を通り抜けて帰ったことなどなど・・・

DVDが出たら、ひとつひとつ楽しもうと思う。
時間の流れの緩やかさに、ちょっと嫉妬した。



午後、初詣がまだだったので、
家を代表して、調神社にお参りに行った。
ここは、僕が浦和のアイデンティティーを確認できる場所。
我を中殺界から救い給え、家内安全、家族円満・・・たくさんお願いしてしまった。
c0036744_18364815.jpg



それから、
先日ニュースで、大宮公園にいるカラスの事を知り、一目見ようと足を伸ばす。
園内をブラブラと散歩しながら、さびれた動物園へ。
去年大阪からやってきたカラスで「バカ」と言うと「アホ」と返すらしい。
結局いなかったわけだけど・・・
c0036744_1837115.jpg

今日は穏やかだ・・・
[PR]
by morgan1969 | 2006-01-12 18:46 | 雑記
<< 「すいません」の代わりに 中殺界の兆候 >>

ファン申請

※ メッセージを入力してください