ときに"モーガン"、ときに"たけちゃん"、そろそろもうひとつ名前が欲しい。
2006年 09月 13日
もうこれで本当に終わりだよね。
来ました。旧3部作のLimited Editionが。

1977年公開当時の、要するに「初版」映像観ました。
オープニングの「STAR WARS」ロゴのあと「Episode IV」と出ないでいきなり説明が流れたり、
モス・アイズリーに人が少なくて、やけに寂しかったり、
オビ=ワンを倒したあと、閉まる壁の隙間から見えるベイダーのライト・セーバーが着色されてなかったり、
デス・スターの爆発の仕方が違ったり、
逆に新鮮だったし、こっちのほうが手作り感があっていいなぁ。

「ジェダイの復讐」はやっぱりエンディングをチェック。
セバスチャン・ショウのままで、あたりまえだけどホッ。

そういえば、Episode II公開直前にNHK BSで旧3部作を放送しており、
僕はそれを抜け目なくDVDに録っていた。
特別編になって、最後の「祝いの宴」のBGMが変わったけど、
DVDでは現存しない、セバスチャン・ショウの霊体&新「祝いの宴」バージョンを持っていることになる。
何を言っているかさっぱりわからないと思うけど、
つまり、うちにEpisode VIが3種類あるというわけ。だから何さ。

これでやっと、映画「STAR WARS」の呪縛から解放されることになるのかな。
長かったな・・・
[PR]
by morgan1969 | 2006-09-13 20:53 | STAR WARS
<< 目の前の女性へ 共作者の死 >>

ファン申請

※ メッセージを入力してください