ときに"モーガン"、ときに"たけちゃん"、そろそろもうひとつ名前が欲しい。
2006年 10月 11日
「銀河鉄道999」観てます。
「冥王星が太陽系惑星から除外される」という、
まったく冗談のようなニュースがそもそものきっかけで、
今さらながら、レンタルしてマイペースで観ています。
113話もあるからね。何ヶ月かかるでしょうか。

まあ、冥王星は始まって数話目に出てきてしまい、
僕が今観ている話ではもう、遥か銀河に飛び出しているわけですが・・・。

放映開始がSTAR WARS一作目発表の翌年というから、時代を感じます。
大らかな昭和の名作に、ときどきツッコミを入れたりしながら楽しんでいます。

メーテルが「ビフテキ」なんて単語を口にしたり、
今だったら「機械のカラダ」なんて、もうちょっと洒落たカタカナ語で表現するだろう。
鉄郎と車掌の言い争いは、目をつぶると、
怪物くんとスネ夫の喧嘩に聞こえてしまい、夢もロマンもありゃしない。
その車掌による次週予告の口調は、まるで玉置宏です。

でも深いです、熱いです、そしてどこまでも暗くて切ないです。
僕、そしてあの頃の小学生が、よく毎週観ていたなって思います。
[PR]
by morgan1969 | 2006-10-11 19:51 | 雑記
<< 3度の飯よりチョコが好き Gueen、動きます >>

ファン申請

※ メッセージを入力してください