ときに"モーガン"、ときに"たけちゃん"、そろそろもうひとつ名前が欲しい。
2006年 10月 26日
ダリ回顧展へ
・・・上野の森に行ってきた。
平日の昼過ぎなのに大盛況。入場するのにずいぶん時間がかかった。若い人もたくさんいた。

ダリの絵画というと、僕の中では「記憶の固執」だ。
大学時代にはじめて演奏会に出品した器楽曲のタイトルに、この表題をつけた。
本物はMoMAに収蔵されていて、
ニューヨークへ行ったときに観ることができた。感想→「ちっちゃっ」
今回「記憶の固執」はなかったけれど、
続編とも言える「記憶の固執の崩壊」は鎮座していた。

共通のモチーフが幾つもの作品に登場しており、
それを見ながら、背景に秘められたものを考え、さらに見る・・・
ダリのどの絵からも伝わってくる現実と夢を行き来しているような感覚は、
動的なイメージになって想像力の解放へと導く・・・
c0036744_17395313.jpg

伊藤@王子
[PR]
by morgan1969 | 2006-10-26 17:41 | 雑記
<< 中野 Gueenリハ・・・そして権利確保。 >>

ファン申請

※ メッセージを入力してください