ときに"モーガン"、ときに"たけちゃん"、そろそろもうひとつ名前が欲しい。
2007年 09月 25日
iPodでDVDを観る(1)
(9月20日「どのiPodにする?」から続く)


動画の扱いが可能になると、
お気に入りのDVDはiPodに入れて持ち歩きたくなるもので、
先のマトリックス3部作もそうなのですが、
試行錯誤の上、動画ファイル増産中の今日この頃であります。
もっとやることがあるだろ、と自分でも思いますけど。
以下、僕が使っているソフトたち・・・


「Fast DVD Copy」
何種類かリッピングソフトを使ってみたけれど、
うちのiMac(G5 2GHz)で一番安定して使えたのと、
DVD-Videoだけでなくて、ROMもバックアップできるので無敵。そして速い。
このソフトだけで黒〜んディスクは作れてしまうのだけど、敢えてその道は通りません。
英語サイトからオンラインで購入できます。

「DVD2oneX」
2層DVDを一枚の-Rに圧縮するのがこのソフトの主な仕事のようですが、
はじかれるディスクが結構多いので、
リッピングはFast DVD Copyでおこなって、取り出したものをそのまま圧縮したり、
本編だけ、選りすぐりのチャプターだけでまとめたいときに使っています。
例えば、◯ニー・ピクチャーズみたいに、
本編までに、何十分も他の映画の予告編を観せられるのはものすごいストレスなんで、
そんなときは、宣伝を根こそぎカットしてしまいます。
黒〜んを作るときは、このあとトースト焼き。

「HandBrake」
上の2つで取り出したVIDEO_TSフォルダを、
iPod用320x240のH.264やMPEG-4ファイルにするとき、
16:9の映画の場合は、大きさそのままのH.264、MPEG-4ファイルに変換するために使用。
フリーウェア。
細かな設定ができるので、たぶん高性能。作るファイルの音声・字幕の選択もこれで。
相当な時間をかけて変換してくれます。半日ほどの覚悟が必要です。

「QuickTimePro」(Proじゃないけど)
HandBrakeで作成した16:9の映画ファイルを、レターボックス形式で書き出すときに使ってます。
これもものすごく時間がかかります。
ジム行って買い物行って帰宅しても作業してます。


1作品=まる1日かけて作ったファイルを、iTunesに取り込んで、ようやくiPodの中に。
映画は長いので「再生位置を記憶」の項目をオンにしておくといいと思います。
QuickTimeでもチャプターは打てますが、それはさすがに面倒。

こうやって、STAR WARS全6作を持ち歩けるようになりました。4.16GBなり。
とはいえ、長旅か、長蛇の列で順番待ちしない限りは、この有難みはわからないと思います。
ほかに良質で便利なツールがあれば、ご一報ください。


内容的には・・・・セーフでしょ。
[PR]
by morgan1969 | 2007-09-25 03:25 | Mac
<< iPodでDVDを観る(2)・その後 横浜ワンナイト・クルージング >>

ファン申請

※ メッセージを入力してください