ときに"モーガン"、ときに"たけちゃん"、そろそろもうひとつ名前が欲しい。
2007年 09月 28日
「20世紀少年」完結。
c0036744_15584788.jpg

こういう終わりかた、僕は好きです。
最後のシーンは第1巻の冒頭。
「何も変わらなかった・・・」というセリフがとっても大きかったのですね。

以前、浦沢氏がNHK「プロフェッショナル 仕事の流儀」で
「読者が "ともだち" 探しに終始しはじめた」と嘆いていた意味がわかった気がする。

本当の中心人物=カツマタ君 の核心に一切触れないまま物語が進んでいくことで、
読者誰もが彼を知っているはずなのに、
記憶に残っているのは "ともだち" であって "カツマタ君" ではなかった。
自らの存在を示す手段としての名前が「ともだち」だなんて悲しすぎやしないか。
最後のシーンでケンヂに気づかれた "カツマタ君" は、今度は救われたのか・・・
(万丈目が救われたのには号泣した←嘘)

結局 "カツマタ君" ってどんな奴だったんだ?
という気持ちになるなんて、間違いなく作者の思う壺。

「エンディングは最初から決まっていて、そこに向けて書き始めた」と作者自身が言っているように、
「風呂敷を広げすぎて収拾がつかなくなって強引に終わらせた」とは程遠い感想を、僕は持ったわけです。
[PR]
by morgan1969 | 2007-09-28 15:59 | 雑記
<< 君はどうして生まれてきたの? iPodでDVDを観る(2)・その後 >>

ファン申請

※ メッセージを入力してください