「ほっ」と。キャンペーン
ときに"モーガン"、ときに"たけちゃん"、そろそろもうひとつ名前が欲しい。
2007年 10月 22日
ひとのために演奏すること
STUDIO takatanの発表会ライヴのお手伝いをさせてもらいました。
ずっと前から声をかけてもらっていて、今回3度目の正直でやっと参加できることに。

プロアマ問わず、いろんなシチュエーションで、いろんな音楽への接し方を見てきたけれど、
人として感動できる場面って、昨日のような場所なのかも知れないと思いました。

ハウスバンドとして、参加する人たちの100%以上の想いを毎曲受けて立つわけで、
演奏最中はほとんど余裕ないけれど、
そんななかでも、感情やテンションが振り切れた瞬間、その衝動を共有できることが幸せ。
年齢とか経験とか社会的立場とか、そんなカテゴライズなんかどうでもいいわけ。

目先のことばかり気にしていると、こういう大事なことを忘れてしまいがちになるんだと、
僕にとっても久しぶりのライヴに立って思いました。

カトタカさん、講師の先生方、バンドの皆さん、お疲れさまでした。
[PR]
by morgan1969 | 2007-10-22 12:17 | 音楽
<< Jリーグをなめるな。 東京の無法地帯 >>

ファン申請

※ メッセージを入力してください