ときに"モーガン"、ときに"たけちゃん"、そろそろもうひとつ名前が欲しい。
2007年 12月 24日
M-1グランプリは笑えない。
お笑いの番組なのに笑えない。
そこにエントリーされたコンビ、ジャッジする審査員、進行役、
すべてが同業者という耐えられない雰囲気、僕ならどの立場でも逃げている。

数ヶ月前からキングコング西野のブログを読んでいた。
登場したときは、古くからの友人とテレビ越しに再開したような、なんか変な感覚だった。

キングコングの最初のネタと、サンドウィッチマンの2つのネタ、
録画を最初から見直したけれど、この3つのネタは声を出して笑えた。
笑えないと言ったけれど、この時間は引き込まれてしまった。
個人的には、キングコングの最初のネタが一番好きだ。

審査員がつけた全得点は番組のHPに載っていて、これがとても興味深い。
僕のようなド素人には理解できない部分も、評価として点にあらわれてんだな。

ザブングルに対して「ツッコミの彼、上手い!新しい!」というコメント、
録画を何度も観たけれど僕にはわからなかった。それがとっても悔しい(苦)。
[PR]
by morgan1969 | 2007-12-24 05:38 | 雑記
<< よりによってイヴの夜に出会えるなんて 花とマヨネーズとロータリアン >>

ファン申請

※ メッセージを入力してください