ときに"モーガン"、ときに"たけちゃん"、そろそろもうひとつ名前が欲しい。
2007年 12月 31日
『か弱いフレディー・マーキュリー』
当時僕は大学に入りたてで、
シーケンサー付のキーボードと、カセットMTRをやっと手にして
高尚な音楽を作ろうと、かなり真面目に取り組んでいたときで、
イロモノが目についたこの番組は正直大嫌いで、
バンドなんかクソクラエだと思っていて、あまり見ていなかった。

・・・はずなのに、
けっこう出演バンドを知っている自分にビックリ。そこそこ見てたんじゃん。
そして、じつはたったの2年間しかやっていない番組だったことも驚きだった。

世に出たバンドって、
テクニックも含めて(やっぱり上手かった!!!)出るべくして出たんだと再確認できたし、
ちょうど音楽を志していた頃の自分と重なる時期の文化だし、いろいろ思うことがあった。
結局ユニット寄りのバンドを組んで、出たコンテストのゲストがRABBITだったりもした。
(そのときの司会が上野晃氏。これは自慢)

今では同僚の若き日の姿や、
ダイヤモンズやGUEENも見ることができた。
どちらも、オフィシャルには今まで見せてもらえなかった映像だったので貴重。
まさか自分が、そんなメンバーやバンドと関わるようになるとはねぇ。

すっかり今では、若い子には「バンドやれよ」と言う奴になりました。
よいお年を。
[PR]
by morgan1969 | 2007-12-31 07:19 | 音楽
<< 今年もよろしくお願いします。 黒澤明「隠し砦の三悪人」 >>

ファン申請

※ メッセージを入力してください