ときに"モーガン"、ときに"たけちゃん"、そろそろもうひとつ名前が欲しい。
2008年 04月 22日
国民年金を払ってきた。
今年ほど混沌とした思いで払いに行ったことは、過去にないかも知れない。

僕の場合、例年、還付金をそのまま国民年金や国保にまわしている。
だから一年分まとめて全納。少しでも多くは払いたくない。
でも口座振替は絶対しないわけ。
口座振替は、奴らが効率よく金を集める手段。それに騙されちゃいかん。
4月から施行された後期高齢者医療制度の保険料天引きと同じ、汚い手だ。

去年、国民年金を納めに行ったら、
窓口の受付時間を過ぎているという理由で、Pay-easy(ペイジー)で納めさせられた。
国にお金を預けることに対して全く信用していない僕は、
きちんと納付印が押された領収書が欲しかった。これが自分で自分を守る手段だと思っている。
でもPay-easy(ペイジー)だとATMから出てくる感熱紙一枚。ペロッと。

そんな気持ちがあって、今年はちゃんと窓口で納めた。
ちゃんと納めたって、そのデータがとっちらかっているどうしようもない国だ。

知り合いのギタリストが「国民年金は親に小遣いをあげるつもりで払っている」と言っていた。
とはいえ、僕が納めはじめた平成3年度から、年金の月額はこんなにも上がった。

c0036744_1582547.jpg


危機的状況なのはわかるけれど、
取れるところから搾り取るやり口は、とても国家が国民に対して行う方法とは思えない。
60歳になるまで年金を払わせ続けて、
75歳になったら「もう生きていてくれるな」って言ってるんだよ、この国は。
表現は極端かも知れないし、年金・保険料という違いはあるけれど、
だったら、適当な時期にどこかへ亡命してしまうか、都合の良い時期に首くくろうか、
幸せだと思っている時期に、とっとと死んでしまいたいよね。

今日、
老夫婦(奥さんは認知症だったそうです)が医療保険料を払えなくて心中、というニュースが。
いつか必ず、こういった悲しいことが起こるとは思っていた。

僕たちに選挙で議員を選ぶこと以外、なにかできることがあるのか。
政治にもたいして詳しくない僕は、どうやって今の制度と向き合っていけばいいんだろう。
[PR]
by morgan1969 | 2008-04-22 15:28 | 雑記
<< 正式なライヴ・タイトルが決定し... 【浦和話】今日のメインはボーイ... >>

ファン申請

※ メッセージを入力してください