「ほっ」と。キャンペーン
ときに"モーガン"、ときに"たけちゃん"、そろそろもうひとつ名前が欲しい。
2008年 06月 22日
練習曲
10代のころは、坂本龍一の「Dear Liz」でした。


ここ最近の練習曲はもっぱら「Bionne」という、
ブラジルの女流作曲家:シキーニャ・ゴンザーガ(Chiquinha Gonzaga)の作品。
(コンピレーションCD「Cafe Brasil」の15曲目に収録されています)

調べてみたら、作曲されたのは1895年。
曲の構成は A-B-A-C-A-B-A で、ロンド形式になるでしょうか。
冷静に形式を見てみると・・・
ABCの三種類だけ練習すればいいんじゃん(笑)。keyはA部分がCメジャー、BとCがFメジャーだし。
ということで、練習を始めたわけです。
譜面が出ているという情報はないので、耳コピしながら暗記していってます。
ブラジル音楽特有の「ズターンタ・ズターンタ」のノリが、非常に難しいのでございます。


「Dear Liz」も「Bionne」も長い曲じゃないし、
リズムがハッキリしていて、(ちゃんと弾けば)ノリも良くて、
ガガガーッと突き進む曲調もやる気を起こさせてくれる。

専門学校の授業中、学生の目を盗んでカタカタ鍵盤を鳴らしているときは、
大抵この曲を弾いているはずです。

そんなことをしている時間があったら、
今日から3日連チャン怒濤の5連チャンリハの仕込みをするべきだと、自分でも思います・・・
[PR]
by morgan1969 | 2008-06-22 23:51 | 音楽
<< 俺は「 竹中(たけなか) 」だ。 読書 >>

ファン申請

※ メッセージを入力してください