「ほっ」と。キャンペーン
ときに"モーガン"、ときに"たけちゃん"、そろそろもうひとつ名前が欲しい。
2008年 07月 26日
男の悔し涙
今日の専門学校は各コースがイベントを打っていて、土曜日では有り得ない人混みでした。
僕所属のコースも作品発表会を行ったのですが、
僕自身はヴォーカルコースのコンテストに、バンド演奏で参加することになっていたため、
残念ながら詳細は知りません。

そのコンテストでの出来事。
演奏・審査が終わり、順位も発表されて、出演者が控え室に戻ってきました。
そのうちのひとりの男の子が突然、人目をはばからず嗚咽をはじめたのでした。

スポーツでは目にする光景だけれど、
こういっては何ですが、今日のは学校内のいちイベントに過ぎないわけで、
それでも相当な練習をしてきたのでしょう。

年齢を重ねていくと、
逆風な出来事も、自分の都合良いように解釈したり、
逃げ道を見つけたりすることが上手になってくるし、
(それは自分の気持ちを制御できる術を身につける、ということかも知れないけど)
今回だけじゃない、次の機会なんて嫌というほどあるってわかっているわけ。
だからこそ、
この年齢の子たちが、悔し涙を流すくらい打ち込む現場に居合わせたことで、
彼らに対してちょっと見方が変わったり、なんだか得をした気分になりました。

さて、グランプリは、
ただひとり大阪校からアウェイに乗り込んできた男の子が、かっさらっていきました。
バンド講師陣みんな、サウンドチェックの時から、彼の実力の違いを肌で感じていたので、
僅差の評価だったとはいえ、驚きの結果ではありませんでした。

ちなみに前回も、大阪校の女の子にグランプリを持って行かれたそうです。
東京本校は2連敗ということに。。。
Voコース主任は表彰式のあいだずっと、控え室におりました(笑)。

そして、さらに衝撃の事実。
前回グランプリの女の子は、今回グランプリの彼の元カノだそうで。
主任の傷口はどんどん広がっていく・・・・


私は打ち上げを欠席して、明日のアウェイ鹿島戦に備えます。
[PR]
by morgan1969 | 2008-07-26 20:25 | 音楽
<< 只今、幕張。 iPhoneが2つ >>

ファン申請

※ メッセージを入力してください