ときに"モーガン"、ときに"たけちゃん"、そろそろもうひとつ名前が欲しい。
カテゴリ:音楽( 410 )
2005年 05月 05日
GUEENライヴ
まる1日経ちましたが、GUEENのライヴを観に来てくれた皆さん、
どうもありがとうございました。
mixiのGUEEN関係の掲示板も読ませていただきました。レスせず、こちらに書かせてもらいます。

連休の貴重な一日の予定にGUEENを入れていただいたこと、感謝します。
楽しんでいただけたようで嬉しいです。
僕個人としては、もっともっと高いレベルと気持ちでライヴに望みたかったので、
理想に届かない部分があったことが残念でした。
原因は・・・・・緊張していたんですよ、すごく。普段はそんな気持ちにならないんですけどね。
c0036744_2157496.jpg

「WE WILL ROCK YOU」も始まります。クイーン好きには、これからも楽しみが続きますね。
[PR]
by morgan1969 | 2005-05-05 21:56 | 音楽
2005年 04月 18日
勝って兜の緒を締めよ
いまさら匿名にする意味もないけれど、某専門学校の新入生歓迎ライヴがあった。
Led Zeppelinの「Rock And Roll」ほか計4曲を演奏した。
音楽の世界で活躍している諸先輩方のいろんな話を聞いて総括するに、
ー「Rock And Roll」のあたまのドラムは、フレーズで覚えていて、小節で数えていないー
これは意外だった。
ジョニーBグッドで数えるよう教わった僕は、ハト豆状態でした。

新歓ライヴのため行けなかったアウェーのFC東京戦の録画を、明け方に観戦。
リーグ戦初勝利、しかも瓦斯に勝ったことは大きい。じ〜んときた。行きたかった・・・。
関係blogでもかなり前向き、楽観的なコメントもたくさんあるけど、これから、これから。お得意の「取りこぼし」のないように。
5/15には、いい位置にいてくれるよう応援するばかり。
[PR]
by morgan1969 | 2005-04-18 11:00 | 音楽
2005年 03月 20日
我が心のホール&オーツ
80'sを聴いて育った僕にとって、ホール&オーツは今でも別格の存在だ。
鍵盤弾きとして、影響を受けたり「カッコいい!」と思うキーボーディストは数多くいるけど、
楽器のプレイよりも、どうやら僕は、メロディメイカーに心を動かされるようだ。
中学・高校の頃「FMステーション」を片手にエアチェックに命をかけていた僕が、どのアーティストよりもホール&オーツに魅せられていった理由は、そういうことなんだろうか。
東京国際フォーラムにライヴを見に行った。
「Rock'n Soul Part 1」の来日以来、浪人中(「Ooh Yeah」のツアー)を除いて、すべて参加。
はじめてライヴに行ってから、もう20年にもなるかなぁ。

Maneater
Let Love Take Control
Man On A Mission
I'll Be Around
Say It Isn't So
Soul Violins
I Can Dream About You
Can't Stop Dreaming(Daryl Solo Albumより)
She's Gone
You Are Everything
Somebody Like You
Sara Smile
I Can't Go For That
Without You
encore
Kiss On My List
Private Eyes
encore
Out Of Touch
You've Lost That Lovin' Feeling

機材もすっきりしていて、リラックスした雰囲気で、ライヴハウスで聴いている感じだった。
いつも下手のキーボードには、ハモンドとその他重装備の鍵盤がセッティングされているけど、今回はX足2段スタンドにCLAVIAのシンセなどが積まれて、いつもよりエレクトリックな音を聴くことができた。上記のレパートリーにこれも新鮮だった。「Private Eyes」サビのクラップ音も今回はエレドラ系で鳴らしていたようだ。
そしてとにかく、バンドの一体感には鳥肌が立った。演奏も。コーラスも。
これだけヒット曲が多いと選曲に悩むんだろうなぁという、余計な心配をよそに、
新しいアルバムからもいいバランスで演奏されていたし、
全米No.1の「Rich Girl」を外すという、余裕の選曲。

ホール&オーツ、てっきり今日が最終公演のつもりでいたけど、
明日は渋公での追加公演があるそうだ。
しかも来日100公演目。クラプトンに続く来日アーティスト第2位の公演数だそうだ。
ところで、いろんな掲示板で「オープニングBGMは、〜Pick Up The Pieces〜」というのを読んだが、やっぱりそうだった。そこは意味不明・・・。
[PR]
by morgan1969 | 2005-03-20 23:59 | 音楽
2005年 03月 18日
シスはどうやら真面目な奴らしい。
月1回ペースでやっているセッション。
今日はじめて雨に降られなかった。場所によってはパラついたところもあったようですが。
雨天連続記録途絶えたり。

(ヤ●ーニュースより)
c0036744_28392.jpg
[PR]
by morgan1969 | 2005-03-18 23:59 | 音楽
2005年 03月 16日
Gueen Liveが決まりましたよ。
Gueen Liveが決まりました。
5月4日(水・祝)場所:渋谷 O-East 18:00 open/19:00 start

スタンディング ¥3,000(税込み/ドリンク別)
※2F指定(Eastのみの販売):¥4,500(税込み/ドリンク別)

MUSIC DAY実行委員会/GRA
CPRA 社団法人音楽制作者連盟/ミュージックピープルズ ネスト/
キングビスケット/サウンドオフィス/アンテナ/M-ON TV

Shibuya O-East(03-5458-4681)
FLIP SIDE(03-3470-9999)
(月-金/11:00〜18:00)

タイトルは
グイーン 春のゴールデンリサイタル 
「輝ける7つの雲丹 〜Seven Sea Urchins Of Rhye〜」


ドラムはロジャー西脇氏のスケジュールが合わず、
前回も一緒にプレイしてもらった、Do As Infinityでもおなじみの松本淳さんです!!
[PR]
by morgan1969 | 2005-03-16 23:04 | 音楽
2005年 03月 10日
確定申告
確定申告がやっと終わった。
決して計算に時間がかかるほど「稼ぎまくった」年ではなかったです(苦)。
ただ後まわしにしていただけ。
それと、ネットで申告を試みつつ挫折した無駄もあった。

今日は久々に、クラシックの書き仕事やってます。
何年も前から、立派な譜面作成ソフトを入れているのに、
手で書いたほうが早いのです。そして、手で書くのが遅いのです・・・。
[PR]
by morgan1969 | 2005-03-10 11:58 | 音楽
2005年 03月 02日
キーボードをダビング
友人のバンドRAMARが新しいCDのレコーディングをしている。僕はそのうちの3曲にキーボードで参加した。
このついでにライヴも、という話があったのだが、リハの日程が全くあわなくて、こちらは流れてしまった。残念。

レコーディングは麻布十番近くの某所でやった。麻布十番といえば、僕のサラリーマン時代(といってもADとしての半年間)を思い出す。
会社も編集スタジオも十番の近くにあったので、明け方深夜問わず頻繁に通っていた。
そういえば、ロケの打ち上げも何度かやったような記憶もある。
いずれにせよ、ADという立場の辛い苦い思い出だ。なつかしさは十番にはない。

RAMARのライヴは、3月4日・渋谷RuidoK2にて。
[PR]
by morgan1969 | 2005-03-02 11:33 | 音楽
2005年 02月 14日
グランプリは一年生
某専門学校在学ギタリストの頂点を決めるコンテストが行われた。
僕はそのハウスバンドとして、日本屈指のプログレバンドGERARDのベース&ドラムの2人とお手伝いをした。
出場者は12人。ブルース有り、Extreme(曲半分が高速ユニゾン大会)有り、ジミヘン有り、T-Square有り。
でも僕の最難関は、Jeff Beck3曲だった。
曲自体を練習することはもちろん、学生のプレイを読みとって合わせること、ハプニングに対処することなど、まぁあたりまえのことなんだけど、ステージ慣れしていない彼らは自分のプレイで一杯いっぱいだから、そのサポートも大事な役割だったりする。
それでもって、その頂点に立った学生は、なんと一年生だった!
星野君、おめでとう!
[PR]
by morgan1969 | 2005-02-14 08:24 | 音楽
2005年 02月 07日
ご近所さんがサックスの練習
たぶん、上の階に住んでいる人だと思う。
とある曲を一生懸命吹いているのが聞こえてきた。はじめたばかりのようだ。
ご近所で音楽関係の匂いがするなんて、けっこう珍しかったりする。
数年前、ゴスペル「Oh Happy Day」を、崩壊寸前のハーモニーで奏でられている現場に出くわしたことがあった・・・。それくらい。
思い通りにメロディを吹け(弾け)ないと、偶然に耳なじみの音階なんかがでてくると、思わずそれを吹いて(弾いて)みたりしてしまう経験ってない?
ずっと耳をこらして聴いていると、練習で繰り返されているメロディが、ある瞬間にチャルメラへと変わった。
[PR]
by morgan1969 | 2005-02-07 01:13 | 音楽
2005年 01月 30日
月に一度の・・・
去年の夏ぐらいから、ほぼ月に一度のペースでインストゥルメンタルのセッションをしている。メンバーも不動。
僕が中3ではじめて組んだバンドがフュージョン・バンドだったから、インストというものがよりしっくりくるというか、なんだか胸騒ぎがするというか、とにかく楽しいのだ。
が、最近のレパートリーに難解な曲が増えてきた。
いつも資料はMP3とPDFでもらうんだけど、譜面上にとにかくオタマジャクシがウジョウジョいて、さすがに予習なしでは乗り切れなくなってきた。
緊張感があっていいけど。

ところで、このセッションの日には不思議なことに、決まって雨が降るのだ。
今日もまた降られた。
(写真はセッション終了後にサングラスを借りて撮影。意味不明)

c0036744_3265215.jpg

例の、「聞いて楽しい日本の言葉・仮」第二弾

・つっけんどん(突っ慳貪)
・おっちょこちょい
・あっけらかん
・ちんぷんかんぷん(珍紛漢紛、珍糞漢糞、陳奮翰奮など)

ではまた。
[PR]
by morgan1969 | 2005-01-30 03:37 | 音楽

ファン申請

※ メッセージを入力してください