ときに"モーガン"、ときに"たけちゃん"、そろそろもうひとつ名前が欲しい。
カテゴリ:スポーツ( 28 )
2007年 04月 25日
ACLのストレス
フロンたれの試合のほうが全然面白いや。

いろいろ意見や思い入れはあると思うけど、
興行である以上、それがどんな価値のものであれ、楽しませてなんぼだと僕は思う。
内容が良ければ、悔しい思いをしたって熱くなれるし、次回も来ようと思う。
それが伝わってこない原因は、FWか、成熟度か、それともやっぱり監督なのか・・・

しかし浦和は、うまいこと運も味方するチームだ。
[PR]
by morgan1969 | 2007-04-25 21:08 | スポーツ
2006年 12月 07日
三拍子
小学5年生の冬に、浦和から大阪・豊中へ引っ越した。

新しい学校での3学期、体育の授業は予想どおりマラソンだった。
近くの大きな公園へ学年全員で移動して、そこでマラソン大会のシミュレーションをした。
得意ではなかったけれど、なぜか毎回いい順位につけていた。
ただ、同じクラスのM田君にはどうしても勝てなかった。

どうしたら速く走れるのかと、彼に訊いてみた。

彼は呼吸を「吸って・吐いて・吐いて」の三拍子で行っているらしい。
これが速さの秘密とは思わなかったけれど、僕はそれを真似することにした。

マラソン大会本番、僕はM田君に勝って、第3位でフィニッシュした。

今でも、
電車に遅れそうになった時や、スポーツクラブのランニングマシーンの上で、
僕は三拍子で呼吸しながら走っている。
吸って・吐いて・吐いて・吸って・吐いて・吐いて・・・



優勝決定に前後して、世間には購買欲を刺激する雑誌が多数・・・
全部手を出すほど僕はのぼせていない。読み応え、見応えのあるものを選んで・・・
でもこんなになってしまった・・・
c0036744_17303178.jpg
優勝パレードは、Freenの演奏があるため、欠席です。非常に残念・・・


(追記)
「Produced by TREVOR HORN〜A Concert For Prince Trust」DVDが、来年2月に発売になりますね。
待ち焦がれておりました。当然予約済み。
[PR]
by morgan1969 | 2006-12-07 17:53 | スポーツ
2006年 08月 21日
高校野球雑感
休憩時間にリハスタの備え付けのテレビをつけると、9回表2死、スコア3-4、打者田中、2ストライク。
最後の瞬間だけは見られました。

個人的にはセンバツを辞退した駒大に、3連覇を成し遂げて欲しかった・・・。
これからの野球人生において、過酷な連戦がマイナスにならないようにと願うばかり。
「斎藤く〜ん!」「田中く〜ん!」ギャルも、はやく頭を冷やしましょう。

ちなみに僕は、
昭和55年(1980)のセンバツで、
我が埼玉代表の上尾が、お隣東京代表の帝京に負けて以来の、アンチ東京だ。
調べてみたら、その後同対戦は春夏合わせて4回あって、埼玉の1勝3敗。
当時小学4年生終わりで、ものすごく悔しがっていた自分を今でも覚えている。

サッカーに熱を入れるようになってから、まったく観なくなった野球であり、
さらに、出場選手が自分より年下になってから、すっかりご無沙汰の高校野球だった。
僕の記憶は、桑田・清原・・・の次はもう松坂。

今回も名勝負だったことは間違いないけれど、
箕島×星稜・・・・・・・・あんな試合、また観てみたい。
[PR]
by morgan1969 | 2006-08-21 20:13 | スポーツ
2006年 08月 09日
青い浦和
ホントは知人に「チケットあるよ」って誘われたんですけどね・・・

代表でのオシムイズムが、チームに還元されれば言うことなしです。
だからこそ、代表メンバーが出られる次のリーグ戦がものすごく楽しみ。

やっぱりありましたね。
青いスタンドに「We are REDS」の赤いマフラー。

啓太最高!!
[PR]
by morgan1969 | 2006-08-09 22:13 | スポーツ
2006年 07月 26日
代表引退
不可思議な言葉だ。
「選ばれても丁重にお断りします」という意味なのでしょうが。
次もメンバー入りすることを見越して使える、優越感のある表明。
カズだったら、現役を退くまでは「代表引退」は言わないと思う。
[PR]
by morgan1969 | 2006-07-26 23:58 | スポーツ
2006年 07月 10日
おしまい
W杯期間中、興味を持って観ていたことがある。
肌の色や国が違っても、歓喜の表現ってみんな同じなんだなぁと。
両手を挙げて飛び跳ねる・・・選手もコーチも監督も通訳もみんな同じ。
なんでもないことだけど、この感情表現を観ているのがとっても楽しかった。

陽気なイタリア人たちが頂点に立ったときの表情も格別だった。
ピッチ上で断髪式をしたり(あの髪型はずっと気になっていた)、
真っ白なブリーフ見せて駆け回ったり、
表彰式でほっかむりしたり、
カップに帽子をかぶせたり・・・微笑ましい。

仏司令塔の引退を優勝で飾るなんて、出来過ぎた物語になったら興ざめだと思ったけれど、
幕引きが一発退場とは、サプライズだった。

とにかく、午前4時起きってのは、
朝イチの飛行機に乗るとき以外考えられない時間だった。もう結構です。
[PR]
by morgan1969 | 2006-07-10 07:16 | スポーツ
2006年 07月 02日
ケ・セラ・セラ(その3)
僕が勝手に「強そうでカッコいいユニベスト1」に挙げている、ポルトガルが勝った!!
昨日ポルトガルを応援していた理由はひとつ。
「まだまだデコのプレイが見たい」
この日もPK戦のまえに「ケ・セラ・セラ」が流れました。
そういえば、ドイツvsアルゼンチン(その2)のときは流れませんでした。訳あり?
[PR]
by morgan1969 | 2006-07-02 12:26 | スポーツ
2006年 06月 27日
ケ・セラ・セラ
連日とんでもない試合が目白押しです。

スイスvsウクライナ。
延長戦を含めて120分でも決着がつかず、PK戦へ。
そこでスタジアムに流れたのが「ケ・セラ・セラ」。
観客は大合唱。
なんという心遣い! いいなぁ。
[PR]
by morgan1969 | 2006-06-27 21:03 | スポーツ
2006年 06月 23日
沈黙を守っていたけど
自分のブログには、代表のことは一切書かずに、
ずっと、お友達の日記やブログにコメントすることで、毒を吐いておりました。

これで巷のにわかW杯熱も冷めると思うと、ホッとします。

GK川口の活躍を称賛する3試合になったとは、なんとも複雑。

試合が終わって倒れ込んで動かなくなったヒデを観て、
最後の最後で、ヒデと他の選手との気持ちの差が随分大きかったことがわかった。
「代表なんて」と思っていた僕も、観ていて辛かった。

でも今日で16強が出揃います。
これから毎試合録画も駆使して、見過ごさないようにせねば。

次期監督候補のひとりに、敵サポも手腕を認めるアノ人が挙がっているようですね。
結構期待しちゃいます。
人間って、新しい血が入ると、ワクワク期待するものですな。
(最後に毒かよ!)
[PR]
by morgan1969 | 2006-06-23 18:56 | スポーツ
2006年 06月 10日
体勢ができていない
ひいきクラブのカップ戦敗退の傷が完治しないまま突入したW杯。
開幕戦、もちろんテレビの前に座っておりました。 ただ・・・

よそ見したり、ものを取りに行ったり、
しかもほんの一瞬だったのに、
スコア4-2、すべてのゴールシーンを見損ないました・・・・・・。

僕が気を許したスキにゴールを決める選手はさすがW杯級だが、
ゴールの瞬間すべてをダブルハットトリックで外す俺も、その嗅覚の無さはある意味W杯級だ。
90分間集中力を切らすことなく見ることも、要求されるわけだ。
ナニ言ってんだか・・・
[PR]
by morgan1969 | 2006-06-10 03:15 | スポーツ

ファン申請

※ メッセージを入力してください