「ほっ」と。キャンペーン
ときに"モーガン"、ときに"たけちゃん"、そろそろもうひとつ名前が欲しい。
<   2005年 08月 ( 19 )   > この月の画像一覧
2005年 08月 30日
藤岡弘、「愛こそすべて 合掌、」
藤岡弘、さんといえば、僕たちの世代は「仮面ライダー1号」の本郷猛(ほんごう・たけし)だ。
今春から関わっていた面白い企画が、遂にカタチになった。

<芸能生活40周年記念プロジェクト>
FUKUOKA ヒーローフェスタ2005〜国際ヒーロー映画祭〜 応援アルバム

藤岡弘、「愛こそすべて 合掌、」

2005.9.21 発売!

全編、熱いです!
僕は5曲にキーボードで参加。
11曲めの「愛」では、僕の即興的なピアノに乗せて、大きな愛の言葉が語られています。
藤岡弘、オフィシャルサイト<SAMURAI-DO>
[PR]
by morgan1969 | 2005-08-30 12:28 | 音楽
2005年 08月 28日
お返事
今日は、ここ一週間にコメントいただいたお返事を書きます。

>Ryuさん
ごぶさたしています。
写真付の食べ物日記を、かなり楽しみに、そして楽しく読ませてもらってます。

>rinaさん
子供の頃から大好きだった、鳥取、というより倉吉銘菓があるんです。
後日ブログに載せようと思います。

>ATWさん
次はやっぱりG5・・・? でも手が出ない・・・。それともmini・・・・か?
どう思う?

>kaoruさん
ライヴのMCで言っていた、遠くの人と会話できるソフトってやつの詳細を教えてください。
Win専用なんて悲しい結末はないよね?

>KUMAさん
コーティングの件、参考になりました。
さすがKUMAさん、コメントの視点が期待どおりです!

>qoo♪さん
今日、実家に寄ったついでに、大原に行ってきましたよ(どっちがついでだか・・・)。
いつか、スタジアムでお会いしましょう。

>no_3さん
冒険王でライヴやったんだね。汐留もお台場も、今週末はスゴイことになってました・・・
まっすーは今年はライヴやらないのかな。
[PR]
by morgan1969 | 2005-08-28 23:29 | 雑記
2005年 08月 27日
代役:「The Fef of Hameln」
8月9日書き込みの「ちょっと違った環境・条件下でのプレッシャー・・・(リハ編)」 に続く、
「ちょっと違った環境・条件下でのプレッシャー・・・(本番)」

誰にも言えなかったけど、
食べたものも戻してしまいそうなほどのプレッシャーと戦いつつ、今日を迎えた。
理由は2つ。
ツアーで、どんどんバンドの一体感が確立されていく中、ポッとよそ者が入ることによって、そのノリが違うものになってしまわないだろうかというプレッシャー。
もうひとつは、ライヴでの使用機材を、訳あって今日の本番まで使うことができなかったというプレッシャー。そして、同期を使う曲でちゃんと機材が動いてくれるだろうかという不安も。

場所は、Zepp Tokyo。
PIERROTのヴォーカリスト、キリト君のソロライヴツアー「The Fef of Hameln」、
僕は師匠・西脇氏の代役で、東京初日をつとめることになった。
メンバーは、

キリト(vo)
マーティ・フリードマン(g)(ex.MEGADETH)
ミック・カーン(b)(ex.JAPAN)
向山テツ(ds)
(敬称略)
そして僕。

みんなとってもいい人(笑)。
テツさんは「久しぶりだし曲忘れちゃってるなぁ」「気持ちすごくよくわかるよ。僕も同じような現場をたくさん経験してきたから」と、気持ちを楽にしてくれたし、
マーティは「頑張ろう、じゃなくて、楽しみましょう」と言ってくれたし。
キリト君も、とてもバンドのメンバーを大事にする人なんだなぁということを、強く感じた。
とにかく、そんな気持ちに触れていくうちに、いつしか緊張感はほぐれ、
3000人(以上?)を前にした本番は、非常に気持ちよく、リラックスして演奏できた。
お客さんも、とっても暖かかったしね。
まさか、最後にそれぞれがマイクパフォーマンスをしなくてはならないなんて、そこまで準備はできていなかったが・・・。
我ながら合格点!
そうそう、キリト君にも「やさしい〜云々」って紹介されたなぁ。
僕はそういったイメージなんでしょうか(悪い気は全然しませんよ!)。
c0036744_2452430.jpg

こんな機会はめったにないから、ミックにサインをもらっておかなくては!
JAPANのCDを持って家を出るほど、気持ちに余裕がなかったので、iPodの裏にサインをしてもらうことにした。
「Really?」と驚きながらも・・・・・
c0036744_2481815.jpg

(ちなみに、僕が自分でサインをもらいに行ったのは、ミック・カーンとチャカ・カーンだけ)

僕の夏はやっと終わった。
[PR]
by morgan1969 | 2005-08-27 23:59 | 音楽
2005年 08月 26日
ドン引きの守備
リスクをおかしてでも、攻めに行って、結果カウンターで失点するのと、
ドン引きで守っていて、最後セットプレーで失点するのと、
どちらがへこむかといえば、僕は後者だ。

kaoruのライヴが終わった。
スタジオリハのときから、とても良い空気の中、音楽を作っていけたが、
僕は攻めの演奏アイデアを、持ちこむことができなかった。

パーフェクトなライヴって、そうめったにあるものではない。
どこかで必ずスベったり、ミストーンをどよ〜んと出してしまったりする。
でも、演奏がアグレッシブだったりすると、それが気持ちの上で帳消しになることが多い。
今日の僕はそういった意味で、守備的意識の強い演奏であった。
久々に鍵盤ハーモニカを吹けたことが、せめてもの慰めか。
次なる苦境にぶち当たって、また、kaoruバンドの一員として集まりたい。
メンバー様、またよろしく。
[PR]
by morgan1969 | 2005-08-26 23:59 | 音楽
2005年 08月 24日
結局・・・
8月26日にお手伝いをするkaoruの最終リハが終わり、
恐ろしく混み合っている環七をトロトロ家路へ。

帰ってみると、台風のため、明日の名古屋の仕事がキャンセルになっていた。
もともと明日は、週明けにあったはずの福岡の仕事のリハ日だった。
その福岡の仕事ってのも、わりと最近に消えて無くなっており、
どうも地方仕事に、今の僕は縁がないようだ。

よく「仮で」なんていって、スケジュールを押さえられたりするけど、
いつ決まるかもわからない予定のために、ほかを断ることもできず、
いつも僕は早い者勝ちで、手帳を埋めていっている。
今月のようにたくさん声をかけてもらうと、嬉しがって全部引き受けちゃうんだけど、
「体が空いていても、曲を見る時間が全くない」。
それに気がついたときは、もう遅かった・・・
[PR]
by morgan1969 | 2005-08-24 22:17 | 音楽
2005年 08月 23日
遅いお盆休み→強行スケジュール→・・・
両親の実家へお墓参りを兼ねて訪ねていった。
今月の鬼のようなスケジュールの合間、3日間の休息。
仕事のことを何も考えずにいようと心に決めた。

早速、羽田のボディチェックでひっかかり、搭乗時間に遅れ、空港内放送で呼び出される。
まずは母親の実家、鳥取県倉吉市へ。
いとこ夫婦のジュニアと戯れたあと、お墓参り。
おばあちゃんに近くの温泉旅館を予約していただいた。
食べ過ぎて撃沈。一泊。

翌朝、陸路大阪へ。夕方着。
時間を惜しむかのように、夕方5時を過ぎて、USJへ入園。
c0036744_2461361.jpg

とりあえずデロリアンに満足する・・・
歩き回りすぎて撃沈。一泊。

最終日。朝から食べ過ぎる。大阪市内の父親の実家へ。
「お昼は、たこ焼きとお好み焼きが食べたい」のリクエストに、
メッチャ美味いたこ焼きと、勘弁してくださいレベルの分厚いお好み焼きをいただく。
ここでも食べ過ぎる。
おじいちゃんの仏壇に線香をあげたあと、こんなに話をしたことがあったかと思うくらい、おばあちゃんとゆっくり話をした。
その後コテコテの大阪プチ観光。
c0036744_255745.jpg

準備不十分の今週の仕事資料を持ち歩いていたので、帰りの新幹線のなかで耐えきれず目を通す。
豪雨のため、50分近く遅れ東京到着。いや、品川下車。
帰宅時刻は、ほぼ翌日・・・

内容の濃い3日間であった。おしまい・・・・・のはずが

帰宅後、メールチェックのためPCを起動。
10数分後、なんだか焦げ臭い。・・・・・・・PCから煙がっ!!
・・・愛するG4 Cubeは、ご臨終なされたようだ。
HDは避難させて、現在別Macとつなげて起動中。こちらは損傷はなさそうだが・・・
頭の中でそろばんをはじいてしまった。
きっと近日中に、それが現実となるのかと思うと、憂鬱になる・・・
[PR]
by morgan1969 | 2005-08-23 23:59 | 雑記
2005年 08月 20日
Honey Butterfly ライヴ
沖縄生まれで、ゲームソングなどで活躍しているMAKIちゃんと、
数年前から知り合いだった、ドラム&パーカッションのSHUJI氏(と呼ばせてもらう)のユニット「Honey Butterfly」のライヴを手伝わせてもらった。
(このくだり、数日前のものと同じ・・・)

場所は茨城県守谷市。市のお祭りのメインアクトに二人が呼ばれたわけ。
MAKIちゃんが沖縄生まれということで、今夜は、沖縄にちなんだ曲を中心に演奏した。
まんまるお月さんに、MAKIちゃんの澄んだ声はとてもよく合う。
来週には、つくばエキスプレス(TX!!)が開通、盛り上がりを見せる守谷市であった。
[PR]
by morgan1969 | 2005-08-20 23:05 | 音楽
2005年 08月 19日
明日のためのリハと、10月のためのリハ
計7時間。驚くほどの時間ではないけど。お疲れさまでした。

数日前に同じ文を書いたなぁ
[PR]
by morgan1969 | 2005-08-19 23:59 | 音楽
2005年 08月 18日
今日の俺はステージマネージャー
今日は、浦和の音楽仲間であるソプラノ歌手Sさん主催のオペラ公演日。
ぼくはその中の2曲をアレンジ。
久々のクラシックの仕事で、久々に真面目に譜面を書いた。
そして当日は、ステージマネージャー・・・
どんな人のことをそう呼ぶのか、本当はよくわかっていない。

お題目は「ファウスト」。
僕の当日の仕事は、舞台転換、照明、ナレーターへの指示、など。
「ファウスト」の分厚いスコアを目で追っていきながら、ここぞというタイミングで各所に指示を出す。これが意外と緊張するものなのです。
この日参加したなかには、僕のことを本職の裏方だと思っている人もいたんだろうなぁ。
[PR]
by morgan1969 | 2005-08-18 23:59 | 音楽
2005年 08月 17日
ジュエリーデザイナーとの再会
「進化する次世紀のジュエリー」と銘打った個展が、銀座のギャラリーで開かれている。
デザイナーは、僕の中・高の同級生、仲剛司氏。
お互い、ものつくりを志していたため、なんだかよくつるんでいた。
こうやって会うのは何年、いや十何年ぶりか。僕なんか対等に話せないほど、立派な作家になっていた。
僕が当時から知っている彼のアプローチはそのままに、
研ぎ澄まされた感性から生み出される「次世紀ジュエリー」は、芸術臭よりも工業臭がする。
それは、現代のジュエリーという一般的なイメージ・認識に対するアンチテーゼなのだ。
CADを使いこなして描く繊細な曲線、何層にも重ね積む金属板が醸し出す立体感は、時間をも想像させる。
c0036744_510248.jpg

関係ないが、久々にあったヤツは、人間的にずいぶんまるくなっていた。

彼と別れ、演奏の仕事を一本こなし、帰れると思いきや、
深夜0時から、サポートをしている「梅星」の新曲リハが急遽決まって、スタジオへ。
リハどころか、今月の名古屋行きも決定がでる・・・
帰宅するときにはもう、東の空は明るくなりかけていた・・・・・
元気か、オレ・・・

あっ、サッカーやってたんだ・・・消化試合。

(その日の出来事は当日付で書きたいので、書き込み時間を操作することにしました)
[PR]
by morgan1969 | 2005-08-17 23:59 | 雑記

ファン申請

※ メッセージを入力してください