「ほっ」と。キャンペーン
ときに"モーガン"、ときに"たけちゃん"、そろそろもうひとつ名前が欲しい。
<   2007年 02月 ( 15 )   > この月の画像一覧
2007年 02月 27日
年金手帳の話
僕の場合、確定申告といったって、取引先もそれほど多くないし、
請求書控と支払調書が合致していて、領収書さえまとめておけば、
ほぼ1日で終わってしまう程度の稼ぎ&シンプルな申告だ。
しかも今回は「早く出せ」と言わんばかりに、早い時期から、書類だけは揃っていた。

数年前には、支払調書の郵送があまりにも遅くて、催促の電話をしたら、
「いま経理の者が出産間近でして・・・」オメデタまで待ったこともあったなあ。笑い話。

領収書の計算よりも、支払った年金や保険の計算の方が面倒だ。
ただ確実に控除の対象になるので、1円単位の領収書の足し算とは、計算機を叩く気合いが違う。
とりあえず概算は昨夜終わった。あとは「使える」領収書選びと記入のみ。


そういえば、昨年秋頃、こんなことがあった。

社会保険庁から封書が届いた。
「あなたの年金手帳番号は XXXX-XXXX ですね」
という番号確認の内容だった。
僕には、大学卒業後短期間勤めていた会社で作った、もう一冊の年金手帳があった。
そこにその番号は記載されていなかった。


これって、社保庁の記録にはないってことか・・・


なぜ年金手帳が2冊あるのか、ずっと疑問を持っていた僕は、
このときはじめて、その意味を納得した。
しかも記録にないことを知ったことによって。
もう15年近くも昔に作った手帳だ。
普通なら、自分のこととはいえ、忘れているだろう。
民主党・菅さんが未払いと言われていた件も、じつは社保庁の過失だったわけで・・・

あいつらには任せておけないよ。
支払った領収書は、しっかり保管しておきましょう。
で、今年はいくら払ったんだっけ?
年度で区分する国民年金と国保は、一括で払っていない者にとっては、非常にややこしい。
[PR]
by morgan1969 | 2007-02-27 19:04 | 雑記
2007年 02月 25日
春よ、来い
ギタリストN氏に声をかけてもらい、とあるレコーディングでピアノを弾いてきました。
「せ〜の!!」で録れるスタジオでのレコーディングは、恥ずかしながら久しぶりだった。
c0036744_23465841.jpg
予算があるところには、あるんだなあ・・・

今日に限って、冷え性ぶりを大発揮。辛うございました。
指が動かない、動かない。
挙げ句の果てに、手袋をスタジオに忘れてくる始末・・・・。

ピアノダビングが終わって、
そのスタジオがある東京タワーの足元から、
来月お手伝いするコンサートのホールリハのため、武蔵境へ。
自分が出す音の、居場所を探すことへの比重が大きい現場でした。これも難しいです。

音楽について、いろいろ考えた1日でした。
そして、今年の僕の音楽との接し方も。
[PR]
by morgan1969 | 2007-02-25 23:57 | 音楽
2007年 02月 24日
ギタリスト・コンテスト → ギタコン →「ギタ魂」ファイナルがありました。

グランプリは、AC/DCを演奏した女の子。パフォーマンスも演奏も抜群。
グランプリに選ばれて、ステージ上で大泣きしてしまいました。
片想いの子にフラれて、それをバネに頑張ったんだそうで。
でも選ばれなかったみんなも、上手かった。レベル高かったです。

今年はメタル系が多くて、演奏負担は例年に比べて大きくなかったけれど、
終わってみたら、なんだか、どっと疲れが出てきました。
一曲入魂で演奏する彼らと同じテンションで全13曲やるのは、
その責任もあるし、やっぱり大変です。そりゃ間違いもします・・・

そんな今年はツーバス曲がいくつかあったので、
ドラムF氏の個人所有楽器が登場しました。
c0036744_19391098.jpg
楽器までダンディーです。
[PR]
by morgan1969 | 2007-02-24 19:41 | 音楽
2007年 02月 22日
「千の風になって」
来月にお手伝いするコンサートのリハをやったんだけど、
その中に「千の風になって」という曲が入っていた。
僕は知らなかった。

知らなかったって、マズイですか?
そんなあなたも、じつは、紅白ではじめて聴いたのでは?
そのあと火がついて、知ったんじゃない?

・・・という経緯で有名になった曲だということは、わかった。


K先生、ブログ開設おめでとうございます。
何度やっても書き込みできないので、トラックバックにて失礼します。
c0036744_1737910.jpg
いやぁ、懐かしい・・・
[PR]
by morgan1969 | 2007-02-22 16:08 | 音楽
2007年 02月 18日
バンドが終わる
年度末、学年末と、季節がら専門学校の話が続きます。

先日書いたバンドの授業が終わった。
来年は、その存在自体なくなってしまうのは寂しすぎる。
ミュージシャン的見地からすれば「バンドのない音楽学校なんてあり得ない」。
おそらく、事務的な理由があるのだろう。

数年前から、授業全日程終了後に、バンドNo.1を決めるイベントを行っていて、
これがすこぶる好評なのでした。
その場で対戦相手と演奏順が決まる、トーナメント方式の夏の高校野球ライヴ版。
我々スタッフ役は、死にそうなんですけど・・・
それも今年は最後のイベントになりそうです。

今年度・・・・・ ファイナリストに、うちから2バンドが選ばれました。
はっきり言って、音楽的実力はそこそこだけど、
バンドにかける時間と、想いと、元来持ち合わせたキャラクターの勝利だと思った。

一年通して、なにもしてあげられなかったけれど、
他の先生に担当されたら、きっと、もっと上達したんだろうなと懺悔しながら、
ファイナルに出場する奴らを応援しようと思います。
c0036744_6264100.jpg
ファイナリストのうちの1バンド。
ゴシックメタル系(ようわからん・笑)打ち込みのオケで、独自の世界を作っている、
学園内でも話題の女の子2人組。
最後の授業で、お友達のデスメタル・バンドを呼んできて、生で再現する企画を試みました。
なぜか全員、服装が黒いです。
[PR]
by morgan1969 | 2007-02-18 06:31 | 音楽
2007年 02月 14日
「ギタリスト・コンテスト」リハ初日
専門学校の若きギタリストNo.1を決めるイベントが、ついに始動。
これがはじまると、年度末だなあと思う。

イベントのホストバンドとして、GERARDのリズム隊2人と僕が参加させてもらって
もう何年になるだろう。
J-POPからジャズ・フュージョン、メタルまで、
エントリー曲に応じて何でもこなさなければならず、
「スーパーバンド」と紹介されるプレッシャーに負けないよう、毎度覚悟を決めているわけです。
今年は例年以上にメタル系が多くて、
キーボード担当の僕は少々楽させてもらってはいますが。

その中で、ナニワ・エキスプレスの「Believin'」があって、今日軽く合わせてみた。
アドバイザーは岩見さん。本物のナニワです。
フュージョン小僧(正確にはカシオペア小僧)だった僕は、メタルよりは数十倍楽しい。
岩見さんはもちろん面識はあるものの、
本物を前にするとやっぱり緊張するものです。でも役得かなとも思います。

今年は学園大阪校からも頂点を目指してツワモノがやってきます。
みんなガンバレ!!!!! 僕も。
[PR]
by morgan1969 | 2007-02-14 21:54 | 音楽
2007年 02月 12日
ポリス見た?
どうも。『人間関係力指数(87)=やや不足』の竹中です。
最後5番目のセクションで撃沈しました。さて・・・・・

グラミーでのポリス復活!!!
c0036744_21473781.jpg

僕的に、スチュワート・コープランドの叩く姿を拝めたことが嬉しかった。
ぜひツアーやって日本に来て欲しいです。

ポリス時代に彼の手がけた曲で、探しているのがあるんだけど・・・
イントロが "タ・タ・タ・タ・ター・ター、ター・ター・ター〜"って曲。
わかるかっ!
[PR]
by morgan1969 | 2007-02-12 21:59 | 音楽
2007年 02月 11日
河口湖〜御殿場
ほうとうを食べに、河口湖まで行ってきた。
c0036744_773131.jpg
と書くと「わざわざ」と副詞をつけたくなってしまうけれど、
まさに「わざわざ」がぴったりの交通量だった。

武田信玄の頃、戦時食として作られ広まっていったのはお馴染み、
鉄鍋で煮込んであって冷めにくく、今の季節にはありがたい。
そして、当時もいたであろう猫舌の兵士には、さぞかし大変な食べ物だったろう・・・

目的が本当に「ほうとうを食べに」だったので、滞在時間1時間、御殿場に向かった。


僕の新しいサイトの、うらプロフィールに書いたとおり、
富士山が美しく見えるところが大好きな僕にとって、
この日の天気と景観は最高だった。
c0036744_7121563.jpg

御殿場までの道のりも渋滞は凄まじく、
到着したときには、すっかり陽は沈んでいた。
例のアウトレットモールに閉館2時間前に滑り込み、ギリギリまで歩き回って、帰路に就いた。


帰りの東名高速でも、自然発生的な20km渋滞に巻き込まれ、
4時間かけてやっと帰宅。
激疲れだけど、久々の遠出で楽しかったわけですよ、結果。
でも、こんなに長い時間を車内で過ごす1日なんて、そうあるもんじゃないな。
[PR]
by morgan1969 | 2007-02-11 23:59 |
2007年 02月 08日
旧正月までは、
昨年の運勢の流れが支配しているのかなと、
まだ中殺界を引きずりつつ、それを断ち切ろうと毎日を過ごしております。
そんな中、

iPodが逝きました・・・

第4世代モノクロです。
先日、専門学校生に「俺のは古い型だけど、まだまだ現役だよ」と自慢した矢先の出来事でした。
ミック・カーンのサインが少しだけ薄くなってきたから、
「そろそろ保管してやれよ」という警告でしょうか。

携帯は家に忘れても全然心配じゃないけど、iPod不携帯は結構寂しいです。
この先数ヶ月のライヴなどの音資料と、毎日更新のポッドキャスト番組がすべて入っているから。
毎朝の新聞、スケジュール帳みたいなものですから。

2007年最初のiPod発表はいつ? それまで待てるかな。
今年の旧正月は、2月18日だそうです。
[PR]
by morgan1969 | 2007-02-08 13:45 | 雑記
2007年 02月 08日
「Produced by Trevor Horn」
2年待ちました。
ケント・デリカッ・・・トレヴァー・ホーン芸歴25周年記念ライヴのDVDが届きました。
c0036744_2324871.jpg


僕の中で特別な曲「ラジオスターの悲劇」で始まるこのライヴ、
こんなにトレヴァー・ホーンが喋っているのを見るのは、初めてです。
そして数々のミュージシャンの証言から、トレヴァー・ホーンという人間が見えてきます。

バグルスの音源の再現・・・アルバム完全ライヴなんて企画はないものでしょうか。
強いて言えば、曲順は逆がよかったです。
バグルスが終わって、ピカピカのジャケットと、トレードマークのメガネをはずしたら、
どこぞの靴屋のおじさんに見えてしまう感じも、微笑ましく思えました。

生ART OF NOISE。ベーシスト:トレヴァーが堪能できます。渋いです。

YES。やっぱり格が違う。
バグルス好きで「ロンリー・ハート」でイエスを知った僕は、
「DRAMA」や「90125」は違和感なく聴けるし、この日のメンバーもイエスとして楽しめました。
個人的には「Tempus Fugit」演奏して欲しかったけど・・・。
でも選曲がその歴史を匂わせていて興味深い。
やっぱりトレヴァー・ホーンは歌いませんでした。

トリは17年ぶりに集結した、Frankie Goes To Hollywood。
去年、埼玉スタジアムでよく流れていたので、僕のiPodではレギュラーメンバーになっている。
問題提起3部作を演奏。
アルバムでは3曲中一番地味に感じた「Welcome To The Pleasure Dome」がイイかんじ。
スティーヴ・ハウがソロ弾いてます。
あれっ? ボーカルってこんな人だったっけ?

138分。見応えあるライヴです。
そして更なる見所は特典映像。
なんと、Frankie Goes To Hollywood ヴォーカル・オーディションと、リハのドキュメント。
ボーカルの人は新加入だったんですね。
しかも、本番10日前に最終オーディションだったらしいから笑える。もっと早くやれよって。

Tom Jonesがビデオレターで登場して、その終わりに t.A.T.u を紹介するのだけれど、
まるでサブちゃんが、DJ OZMAを紹介しているかのようで、違和感があった(笑)。

とにかく、この人の仕事と音楽の幅の広さに驚かされるDVDです。
[PR]
by morgan1969 | 2007-02-08 00:00 | 音楽

ファン申請

※ メッセージを入力してください