ときに"モーガン"、ときに"たけちゃん"、そろそろもうひとつ名前が欲しい。
<   2007年 05月 ( 17 )   > この月の画像一覧
2007年 05月 31日
僕も入隊間近
もはや社会現象か。我が家にも-Rでやってきました。
仕事のバンドメンバーに成功例を見ているので、僕は信じているよ。
一億総筋肉質国家・・・・想像したくはないな。
[PR]
by morgan1969 | 2007-05-31 04:54 | スポーツ
2007年 05月 29日
スカパー!解約しました。
たった2ヶ月の契約でした。
スカパー!が面白くないのではなくて、我が家がその受信環境に適合しなかっただけです。
2011年までの我慢か・・・

細木先生の本によると、僕の4月の運気は【減退】。
『・・・勘違いから思わぬ出費を強いられやすいので、契約事にはくれぐれも注意してください』
[PR]
by morgan1969 | 2007-05-29 19:41 | 雑記
2007年 05月 29日
一応、目を通そう
「国民の皆様」宛に一通あったそうなので。

衷心【ちゅうしん】・・・心の中。心の底。衷情。(Yahoo!辞書)

日本国万歳と唱える人の選ぶ道じゃないよね。日本の何に対しての万歳なんだ?


通過待ちで停車していた電車に、子供を抱えたお母さんが乗ってきた。
いつもはなんとなく、見て見ぬふりをしてしまうんだけど、
今日は考えるより早く身体が動いた・・・「次の駅で降りますから」。
自分でもその無意識な行動に驚いたんだけど、気持ちよかったなぁ。

ひょっとして、さっきまで隣りに座っていた綺麗なお姉さんに替わって、
標準体型以上の太ったオヤジが来たから?
[PR]
by morgan1969 | 2007-05-29 19:13 | 雑記
2007年 05月 27日
強烈なわきが臭
僕が電車で埼スタに向かうとき、武蔵浦和駅で埼京線から武蔵野線に乗り換える。
今日もいつものように、いつもの場所から武蔵野線の車輌に乗った。その瞬間、
「な、なんだっ」
車内が、わきが臭で充満していたのだ。
例えば、ホームレス関係の方が発する刺激臭は、ちょっと種類が違うし、
そんな時はだいたい「いるな」とわかるのだが、
わきが臭の発生源を見つけるのは難しい。
それに、本人が予防策をとったにもかかわらず発してしまう場合もある。
次の駅で長く停まっていたので、空気は循環され、浄化されたのだけど・・・。
僕の経験上、パウダースプレーはAg+がいい。


c0036744_18465018.jpg
選手は相当疲れていた様子。でもヤマの最後のあれはないだろ・・・
試合後は沈黙。写真なんて撮る雰囲気じゃなかった。
メインスタンドからブーイング。大宮の試合結果に拍手。

僕はレッズでプレイしていた山瀬を見たことがないのです。
だから、ピンとこないのが正直なところ。大した選手です・・・。


《今年の参戦メモ》
03/07 ◯ 3-0 ペルシク・ケディリ
03/17 ◯ 2-0 甲府
04/07 ◯ 2-1 磐田
04/11 ◯ 1-0 上海申花
05/13 △ 1-1 G大阪
05/23 △ 0-0 シドニーFC
05/27 △ 1-1 横浜FM

よくよく考えてみると、3分けって、1勝2敗と勝ち点が一緒なのよ。
負けなかった、もいい加減にしておかないと。
[PR]
by morgan1969 | 2007-05-27 18:53 | 浦和レッズ
2007年 05月 25日
葛城ユキさんライヴ。ゲストが・・・
目黒Blues Alleyで、葛城ユキさんのバースデー・ライヴに、トラで参加してきました。
10年選手の他のメンバーに混じって、20数曲を3時間リハ1回で臨んだ僕でした。
(と、まずは自分を褒めてみる)

「なにかやっておきたい曲は?」とか、
「この曲は大丈夫?」と気を使っていただいたのだが、うまく返事ができませぬ。
時間のある限り全部見ておきたいし、
でも、どれも本番のテンションでクリアできそうだし・・・なんて。

・・・そして本番になると、アドレナリンの分泌が最高潮に!!
楽しむ余裕も出てくると、自然と立奏が多くなる。
「ボヘミアン〜HERO」のメドレーは、演奏もお客さんも最高に盛り上がりました!!!
それまで譜面が必需品だったはずなのに、もう何年も演奏しているかのような感覚に。
ユキさんの歌はメチャクチャ、パワフル!!! 人間業ではないです。

この日のゲストは、山崎ハコさんでした。
誰にも真似の出来ない、独特の空気を作り出すステージは、衝撃的だった。

カーテンコールで並んだ位置が、ユキさんの隣りでラッキー。
ハコさんも一緒に、もう一度カーテンコール。
ハコさんを招き入れた場所が、ユキさんと僕のあいだで、またラッキー。
お二人と手を繋げたことは、なにより良い思い出になりそうです。

今日のバースデー・ライヴで、ユキさんは実年齢をカミングアウトされました。
その歌声、その姿、その衣裳、全然見えないです。


今回、帰りの電車の時間が迫っていたため、ライヴ終了後即帰宅。
(あぁ、写真一緒に撮ってもらいたかった)
[PR]
by morgan1969 | 2007-05-25 23:59 | 音楽
2007年 05月 23日
はしかとACL予選の話
日中、今月末にあるライヴのリハがあった。
しかし・・・・主役が、今流行の「はしか」で欠席。
結果、野郎4人で地味にバンドリハを。歌無しの環境では、結局どうにもリハにはなりませぬ。
予定より1時間以上も早く切り上げた。
でも、オジサンたちの記憶回復には素晴らしいひとときであった。
本番までには治ってね。お大事に。

一時帰宅して、レプリカ着て、埼スタへ向かった。
平日を甘く見ていた。いつもの北へ陣取ることは出来ず、今季初の南ゴール裏へ。
でもビジュアルサポートが見られたのでラッキーとします。
c0036744_23293025.jpg
c0036744_23293897.jpg

スコアレスドローで予選突破は、ちょっと格好悪いけど・・・
もう1ステージ楽しめるんだから、喜びましょう。讃えましょう。

ゲーム後、自然と沸き上がった相手チームへの拍手は、とても清々しかった。
でもナビスコ準々、またガンバかよ。


《今年の参戦メモ》
03/07 ◯ 3-0 ペルシク・ケディリ
03/17 ◯ 2-0 甲府
04/07 ◯ 2-1 磐田
04/11 ◯ 1-0 上海申花
05/13 △ 1-1 G大阪
05/23 △ 0-0 シドニーFC
[PR]
by morgan1969 | 2007-05-23 23:36 | 浦和レッズ
2007年 05月 22日
葛城ユキさんリハ
誰もが知っている「ボヘミア〜ン」・・・葛城ユキさんのライヴを、
今回急遽、トラでお手伝いすることになった。
曲数もかなりあるので、
昨日、僕のために予習会を開いてもらい、今日のリハに臨んだ。

お話するときの葛城ユキさんは、とても優しくて穏やかなのだが、
ひとたび歌うと・・・ものすごい存在感。ス、スゴイ!!!
一緒の空間にいられることの喜びを感じながら、帰路についた。
喜びより、曲数が多い大変さのほうが、本当は大きいんだけどね。

どんなライヴになるか、金曜日が楽しみです。
[PR]
by morgan1969 | 2007-05-22 23:59 | 音楽
2007年 05月 16日
簡潔に
ローランドのレコーディングが終わって、
三原さんと今回のプロデューサーH氏(GイーンのVoとしても有名)と一緒に食事に行った。

その帰り、上野駅から宇都宮線に乗った。
隣りに70歳位の女性が立っており、携帯メールを打っていた。
のぞき見は良くないと思いながらも、
その文字サイズがあまりに大きくて、勝手に視界に入ってきてしまったのだった。
女性は一生懸命文章作成中であった。

う、う、う、うえ、うえね・・・・・うえの・・・・

うえの・・・・・うえのて・・・・うえのと・・・・うえのた・・・・

・・・・うえのて・・・・うえので・・・・・・

うえので・・・・・うえのでた、「うえのでた」送信!!!!!!  電車は尾久駅に到着した。

微笑ましい光景だった。
[PR]
by morgan1969 | 2007-05-16 22:13 | 雑記
2007年 05月 16日
ドラムって奥が深い。(最終日)
都内某所ローランドのスタジオで行われたドラム録音。
今日最終日は、椿屋四重奏の小寺良太氏。

本人のバンドとはまったく違うアプローチのリズム・レコーディングだったが、
若さ溢れる、そしてバンドマンらしい攻めのドラミングで、とってもご機嫌なテイクが生まれた。
c0036744_21484096.jpg

ドラムチューンとエンジニアリングは、三原重夫さん。
c0036744_21493051.jpg

別仕事で顔を出せなかった昨日の録りは、長谷川浩二さんだった。
そのトラック、キックの波形が他のパートよりも濃いw
休憩時間にテイクを聴かせてもらったのだが、
オケを作るにあたって作為的に「コレが欲しい」を匂わせていた感じを、
こちらの希望以上に表現されている圧巻のプレイに言葉を失った。

来月「SONAR」、買い!!!です。
現ユーザーもなにがしかの形で、今回の音源が手にはいるようなので、
まめに情報をチェックしていてください。
こんな音ネタ、他を探してもないよ。

オチとしましては、
僕はMacユーザーなので、今回のネタはそのままPCに取り込むことは出来ないのでした。
[PR]
by morgan1969 | 2007-05-16 22:01 | 音楽
2007年 05月 14日
ドラムって奥が深い。
DAWソフト「SONAR」で使える、生ドラム素材のレコーディングに立ち会った。

都内某所ローランドのスタジオ。
今日は木村万作さんのドラミングを録音した。
エンジニアリングは、元ローザ・ルクセンブルクのドラマーでチューナーの三原重夫さん。

僕はこの企画にどう絡んだのか・・・
ドラマーのご機嫌なグルーヴを誘発させるための
マイナスワン・オケの作曲者として現場にいたのでした。
c0036744_0223596.jpg
c0036744_0224478.jpg
c0036744_0225513.jpg

DAWのためのレコーディング現場なのに、
出てくる話題といえば、ドラムマガジンをも凌ぐ濃〜い打楽器談義。
あぁ、もっとドラムのことを勉強しておくんだった。わからないことだらけ・・・

楽器を奏でる者、それを録る者、楽器を開発する者たちが対等に意見を戦わせる場所は、
刺激があってすごく勉強になる。

この音素材、6月になったら商品についてくるようです。
マジこれヤバいっす。
[PR]
by morgan1969 | 2007-05-14 23:59 | 音楽

ファン申請

※ メッセージを入力してください