「ほっ」と。キャンペーン
ときに"モーガン"、ときに"たけちゃん"、そろそろもうひとつ名前が欲しい。
<   2008年 08月 ( 17 )   > この月の画像一覧
2008年 08月 31日
Sly & The Family Stone@東京JAZZ
この目で見てきました!!!!! ファンク界のシーラカンス!!!!!


自分の中のファンク度、スライ度によって、今回のステージの価値観は違うと思います。
僕の中にある音楽の、おそらく50%はFunkなので、それはそれはとても奇跡的な時間でした。
例えば、晩年のジャイアント馬場の十六文キックを見るような、
そんな感じでしょうか(ちょっと違うか)。

SMAP「Fly」の作者で、Slyフリークの野戸久嗣さんと一緒に行ってきました。



ホール全体が、その瞬間を今か今かと待っている異様な空気が、さらに興奮を誘います。


「Dance To The Music」でスタート!!!
「Everyday People」


バンドはGtが1人でkeyを掛け持ち、keyは最大3人+ホーンセクションの大所帯。
Rose Stone、Cynthia Robinson、Jerry Martini のオリジナルメンバーも健在です。


3曲目「Don't Call Me Nigger, Whitey」から御大登場!!!
キーボードは2台。上がRoland VP-550、下がKORG Triton。


姿が見えるや否や大喝采。
声を聞くや否や大喝采。
マイクを持って立ち上がれば大喝采。


セットリストは、スライ・ファンク・ベストのような内容でした。


続いて、
「Family Affair」
「Sing A Simple Song」
「Stand !」
「If You Want Me To Stay」
(他人様の書き込みから拝借しました。曲順は自信ありません)


「I Want To Take You Higher」のエンディングで、御大は引っ込んでいきました。


スライのいないまま最後の曲「Thank You 〜 Thank You For Talkin' To Me, Africa」
かなり引っ張ったけれど、そのまま本編は終了。

当然、御大の姿をもう一度見たいので、客はアンコールするわけです。


メンバーが出てきました。ひとりを除いて。

そしてもう一度「I Want To Take You Higher」のサビ部分をリピート、
ひとりずつソロを交えたメンバー紹介が展開されました。
20分くらいやっていたでしょうか。今度こそ本当に、コンサートは終了。
御大は結局、アンコールにも出てきませんでした。

それにしても、スライの体力からして、
これと同じボリュームを、BLUE NOTEのステージで要求するのは無理だと思います。
そう考えると、今日見られたことは、改めて貴重だったなあと感じました。
「どうせ15分そこらしか顔出さないんだろう」と本気で思っていましたから。



今日の昼の部は「東京JAZZ・敬老の日」のようなプログラムでした。



サム・ムーワ(SAM&DAVE)も凄かった。

名古屋章似のガイジンが、三遊亭円楽のようなヨチヨチ歩きでやってきたと思っていたら、
それは演技でした。
張りのある声・その声量に圧倒されました。
こちらもグレイテスト・サム&デイブ・ライヴでした。


2大巨頭が凄すぎて、ロベン・フォードは残念だったけれど、
ブルースは演奏しているほうが、絶対楽しいに決まってる。



コンサートが終わっても外は明るく、雨に降られないうちに帰宅できました。
[PR]
by morgan1969 | 2008-08-31 22:18 | 音楽
2008年 08月 30日
プロとして
プロ・・・・歯が浮くような呼び名で、僕にはどうもしっくりこないのだけれど・・・



一応、音楽を生業としておる身としましては、らしからぬ姿勢でした。





シールドを全部新品と交換しました。




私、古いシールドを、ずっとずっとずっと使い続けておりました。
これはもう、謙譲語と尊敬語を逆に使ってしまう以上に恥ずべき行為でした。


あさってのジョージさんのライヴで初登場です。
[PR]
by morgan1969 | 2008-08-30 23:01 | 音楽
2008年 08月 29日
S.W.Droid新加入のお知らせ
c0036744_20294495.jpg

サザンのコンサートや、友人のライヴ、ミーティング、リハなど、書くべき催し物はたくさんあったのに、
一週間ぶりの更新がコレかよ。


新たに7体が加入してしまいました。



買いそびれていたマクウォーリー・コンセプトや、
c0036744_20312620.jpg






セレブレーションジャパン会場限定発売のスケルトンや、
c0036744_20325776.jpg






映画「クローンウォーズ」公開に合わせて登場したギミックありのR2-D2、
c0036744_2033358.jpg







さらに「本当にこんなの存在するのか?」と疑いたくもなる不思議な色のドロイドたちと、
ハズブロ得意の抱き合わせ販売。
(左から:Luke Skywalker&R2-D2、Plo Koon&R4-F5、Watto&R2-T0、Kit Fisto&R4-H5)

c0036744_20341638.jpgc0036744_20343467.jpgc0036744_203589.jpgc0036744_20352468.jpg






(完全に自己満足ですが、写真をクリックすると多少大きくなります)

あとには引けなくなってしまった今、まさにこの人と同類ですわ。
[PR]
by morgan1969 | 2008-08-29 21:16 | STAR WARS
2008年 08月 23日
シャンソンコンサートと食の功罪
今日は、毎年お手伝いをしているシャンソンコンサートでした。
例年に比べ今年はまだ、手加減してもらったほうです。
昼夜合わせて、それでも全49曲。リハでもほぼ全曲さらったので、XX曲ってことになります。

昼の部の本番と夜の部のリハのあいだに記憶が飛びそうになって、ドーピングして臨みました。
我ながらよく頑張った。

c0036744_014450.jpg


帰りにバンドメンバーで、打ち上げで残ってしまった泡麦酒を山分けした上に、
スコッチウイスキーを一本ずつ持ち帰りました。

家でひとり打ち上げしようと喜び勇んで玄関を開けると・・・・



なにやら異臭が・・・・・・



カレーを腐らせてしまいました。
こんな時間に、家中の窓全開にして換気中・・・・。
[PR]
by morgan1969 | 2008-08-23 23:59 | 音楽
2008年 08月 17日
「クローン・ウォーズ」を観た。
先行上映に行ってきました。

ネタバレになるので多くは書けませんが、
タイトルの通り、戦闘シーンにかなりの時間を費やしてありました。
先にDVDで出ている「クローン大戦」よりは、CGだけあって臨場感は格段に違います。
内容は「クローン大戦」がEP2とEP3を埋めるストーリーだったのに対して、
今回の映画は、アナザー・ストーリーという趣きです。

駆け引き・交渉の中心に居るのが、意外なキャラでした・・・・
まぁ、ツッコミどころもあるので、見に行ったら楽しんでください。


"スカぴょん"
[PR]
by morgan1969 | 2008-08-17 22:54 | STAR WARS
2008年 08月 17日
夏の弾き納め
しつこいようですが、この夏は本当にたくさんの講師バンドに参加しました。
今日は弾き納めにふさわしい、
プログレバンド所属やハードロックギタリストである講師の皆さんと
爆音&早弾きユニゾン大会でした。


お盆明けでこの天気、体験入学参加者も少なかったけれど・・・・


演奏の出来は・・・・・・・予選突破で準々決勝敗退、というかんじでしょうか。
まだまだです。
ここ一番で最大限の力を発揮するオリンピック・アスリートの凄さを、
こんなところで感じてしまいました。


それからこの夏は、僕が触るたびにシンセの音が出なくなると言う珍事もありました。
KルグのTリニティ、3〜4台は墓場へ送ったと思います。
そろそろ買い換えましょう、ということです、きっと。学園殿。


これから「クローン・ウォーズ」先行上映に行ってきます。
[PR]
by morgan1969 | 2008-08-17 18:51 | 音楽
2008年 08月 15日
中国というところ
「中国人はすばらしい国民だ」

終戦の日になると、祖父が生前言っていたこの言葉を思い出す。


僕の母は満州国旧熱河省生まれ、引き揚げ組だ。
祖父は満州で警察官をやっていた。
部下に先日亡くなった赤塚不二夫のお父さんがいた。
赤塚不二夫の描く絵は、小さい頃から天才的だったらしい。
(ただし人としての評価は決して良くなかった。そう思わせる逸話を知っているのでしょう)

祖父は、上からの村民虐殺命令に背き、銃口を空に向け、空砲を鳴らし、
たくさんの中国人を助けたと聞いている。

日本が敗戦し、ソビエト軍が背後から侵攻してくる中、
祖父が助けた中国人たちが、逃げ道を作ってくれ、
何とか無事に日本に戻ってくることができたのだと言う。
そのときの感謝の思いを僕は何度も祖父から聞いた。

祖父は後に、外務大臣から表彰された。
今も、鳥取・倉吉の祖母の家には、表彰状が飾られている。
その話を聞かされた僕は、子供ながらに、なんだかわからない複雑な気持ちになった。


ちょうど今、北京オリンピックでは、なでしこジャパンが中国と準々決勝を戦っている。


僕は中国人の友人がいないし、中国にも行ったことがない。
他人の国の民族問題だの環境問題だのをとやかく言うつもりはない。
ただ、CG使って外面よく見せるアノ姿、そんな上層部の発想は、幼稚でショボイなと思う。

反日感情がどれくらい浸透しているのかもわからない。
でも対中国でもないのに、各競技における日本に対するあのブーイングはかなり異常だ。
とても全員が反日な気持ちでブーイングしているとは思えない。
7割8割の人は、お祭り気分で騒いでいるのだろう・・・・と思いたい。
同じアジア人として、
4000年の歴史が泣くような、民族の醜い姿を世界に向けて発信するなと言いたい。

祖父がずっと言い続けた中国人に対する思いを崩したくない。


戦後63年、昭和の時代もの長さ、日本の民衆は幸運にも戦争に巻き込まれていない。
この平和ボケが僕はとても怖い。
自国が戦争に傾くやも知れぬ恐怖ではなく、他国の戦争にリアリティを感じない恐怖。

別に戦争だけに言えることではない。
恐怖をヴァーチャルでしか感じられない怖さ。
「そんなこと有り得ないだろ」と思ってしまう怖さ。
有り得ないことが起こってしまうから怖いのだ。人災にせよ、天災にせよ。
[PR]
by morgan1969 | 2008-08-15 22:50 | 雑記
2008年 08月 15日
大迷惑
昨日のブログで書いたように、
今日はユニコーンの「服部」「大迷惑」の2曲を演奏してきました。

c0036744_21343791.jpg


スタッフの遊び心と演出で、学園じゅうのMarshallを積み上げる始末。講師陣に大ウケ。

こんなこと滅多にないので、みんなで写メ撮りました。
[PR]
by morgan1969 | 2008-08-15 21:38 | 音楽
2008年 08月 14日
ユニコーン
「マーク・オブ・ザ・」じゃありません。


川上次郎さん仕切りの講師バンドで、明日ユニコーンの曲をやることになりました。
今日は午後からそのリハでした。

ユニコーン全盛期、僕はJ-POP(そんな言葉も当時はなかった)はおろか、
もう何度もここで書いたけれど、バンドにすら背を向けていました。
だからこの時代の音源は、今頃になって興味を持ったものから、どんどん掘り起こしている次第。

帰りに中古CD屋を2軒まわって仕入れてきました。

c0036744_19555783.jpg


この夏、僕の講師バンド参加率は、たぶんトップだ。
7月の後半から、何かしらずっとリハと本番をやっている気がする。
つまり"暇"っちゅうことやね。

本番の演奏は10分チョイなので楽かというと、そういうわけでもないのです。

まず、テンション、モチベーションのコントロールが難しい。
そしてさらに言うなら、体験に来た人たちと、
それに混じって、厳しい眼差しで先輩講師陣から見られることが、ものすごいプレッシャーとなるのです。

明日もまた・・・
[PR]
by morgan1969 | 2008-08-14 20:08 | 音楽
2008年 08月 09日
【浦和話】順番が逆だったら
埼スタのR指定席(つくづく勘違いされる名前だと思う)が、
定価割れで手に入る事態が発生したので、急遽参戦。
リーグ戦を4節続けて通ったのは、僕の中での新記録かも知れません。

c0036744_0434569.jpg


いつもと違ったビューで

c0036744_0441822.jpg


いつもと違って選手が近くて



ロスタイムに双方得点したわけだけど、
気が緩んだとか、選手交代で時間を使えばなどなど、いろんなご意見はおありでしょうが、
もし先に離されて、ギリギリでこちらが追いついて試合が終わったら・・・
掲示板で憤慨している人たちは、それでも同じ感想を持つのだろうか。

僕はサッカーについては素人だけど、素人だから?
きっと、よく追いついた、最後まで諦めずに戦った、って思うだろうけど。


そんなもんじゃないでしょうか。


ただ・・・・17番は、やっぱりスタメン?
まぁチーム内事情はどんなだか知りませんし。

c0036744_0542880.jpg


貴重な展開の試合を体感させてもらいました。
僕らにとっても、この悔しさはバネになります。



《今年の参戦メモ》
03/15 ● 0-2 名古屋
03/30 ○ 3-0 新潟
04/13 ○ 2-0 鹿島
04/20 △ 0-0 大宮
05/17 ● 2-3 G大阪
07/17 ○ 3-2 東京V
07/21 ● 1-3 川崎F
07/27 △ 1-1 鹿島(A)
08/09 △ 2-2 柏
[PR]
by morgan1969 | 2008-08-09 23:59 | 浦和レッズ

ファン申請

※ メッセージを入力してください