「ほっ」と。キャンペーン
ときに"モーガン"、ときに"たけちゃん"、そろそろもうひとつ名前が欲しい。
<   2009年 06月 ( 25 )   > この月の画像一覧
2009年 06月 28日
: 破
凄かったっ!

おなじみの場面が随所に登場しつつ、違った展開に。

キャラの感情表現が成長している、とくに綾波。そこにまず感心。

そしてやっぱりラストシーン。シンジ君にやられました。感動モノです。
勉強不足で、大ラスのセリフの意味がさっぱりわかりませんでしたが・・・・

ただED曲にはがっかり。
そうやってお茶を濁さなくても、前作のままでよかったのでは。

c0036744_2281160.jpg

SDATデザインのTシャツを購入。
SDATも今回の作品では、感動を誘うアイテムのひとつでしたね。
[PR]
by morgan1969 | 2009-06-28 22:10 | 雑記
2009年 06月 28日
100thまで弾き続けてください。
先輩ベーシスト・松本慎二さんの芸能生活(?)20周年記念イベントに参加してきました。



c0036744_1423968.jpg

僕はFREENで参加。キーボードを弾かない曲のとき、客席なんかを撮っていました。




c0036744_1434239.jpg

オリジナルベースを作ってもらい、みんなで寄せ書きをして、
アンコールでサプライズ・プレゼント。
僕はブログタイトルの言葉を書きました。




c0036744_1455342.jpg

そしてこの松本さんの涙は、我々の企みの演出でもあり・・・。
・・・・・ところで、その後ろに立つ壁は?




c0036744_1525683.jpg

アンコール時にギタリストみんなで鳴らした、8台のJC。




とても温かいイベントに参加できてよかった。


[PR]
by morgan1969 | 2009-06-28 01:56 | 音楽
2009年 06月 26日
偉大なファーストネーム
「マイケル」が付く人はたくさんいる。
でもまず頭に浮かぶのは間違いなくこの人だ。

リアルタイムは「Thriller」だけど「Off The Wall」が最高傑作だと思う。
僕はこの作品でアレンジとは何かを知った。

1987年(?)「BADツアー」横浜公演の映像が家にある。
竹中家にHi-Fiビデオデッキが導入されて、
はじめて録画した番組がそれだったからよく覚えている。

美空ひばりよりも若くして消えてしまうなんてね。
一度でも生で観たかった。

この人を通して、人間という生き物のいろんな側面が覗けた気がする。
僕は羨ましく思いながらも、大部分を反面教師で生きていくんだろうな。
[PR]
by morgan1969 | 2009-06-26 16:22 | 雑記
2009年 06月 25日
「竹中さんの夏」
担当授業日に加えて、イベント等イレギュラーな行事参加へ前向きに返事をした結果、
専門学校の出勤数がとてつもなく多くなってしまった講師の先生に対して、
いろんな意味を込めて、この季節を講師室では「○○さんの夏」と言っています。
そこに来たる夏のワクワク感はまったくありません。

7月は「竹中さんの夏」です。
いっそ馬場に住んでしまえ。
[PR]
by morgan1969 | 2009-06-25 19:24 | 雑記
2009年 06月 24日
新しいアイシャに自力でFantomX8を積む方法
c0036744_19215534.gif

[PR]
by morgan1969 | 2009-06-24 19:24 | 雑記
2009年 06月 22日
わかりづらいぞ、iTunes。
c0036744_1761748.jpg


ということは、まず何をしたらいいのでしょう。


[PR]
by morgan1969 | 2009-06-22 17:08 | Mac
2009年 06月 21日
バナナジュース
c0036744_951735.jpg

昨日から口がバナナジュースになっていました。

カフェ、ファストフード、ベーカリー、コンビニ、スーパー…
高田馬場に点在しているそれらを探しまわってみたのだけれど、
意外にないもんだなぁと。

オレンジ、りんごの次はバナナでしょうに。
優先順位をマンゴーに譲ってしまっている現状には納得いかないです。
[PR]
by morgan1969 | 2009-06-21 09:51 |
2009年 06月 19日
ブラック・ジャック 第41話
脳死状態になった母親と、その息子の脳を直接繋いで、
本当に脳死かどうかを確かめる手術を行う、といった内容。

国会が法的な解釈を行う一方で、
お医者さんのジャッジにも大きな責任が伴うだろうと思い、
本棚から引っ張り出してきて読み返した。

「人間の作った装置なんて限界があるもんだ」
c0036744_1051277.jpg


タイトルは「植物人間」。これが問題なのかも知れませんが、
新書の最初数版にしか収録されていなかった現在未収録のお話。
[PR]
by morgan1969 | 2009-06-19 10:54 | 雑記
2009年 06月 19日
脳死
おバカな僕は、国会に4つの案が提出されていたことを、つい最近になって知った。


子供の頃、
臓器移植をするためにアメリカに渡るのは、日本の医療技術がまだ未熟だからだと思っていた。


移植を待つ人と、心臓の鼓動が聞こえる脳死状態の家族を持つ人と、
「脳死は人の死」は立場によって見解がまったく違うので、どうにも言い難い。
そしていつ何時、僕たちはどちらの境遇になるかもわからない。
僕自身の考えは、携帯するドナーカードに書いている。


そもそも「死」ってなんだ? 逆に「生きている・生きる」ことの定義はそこから見えるか。
[PR]
by morgan1969 | 2009-06-19 07:28 | 雑記
2009年 06月 18日
インタビュー
代表戦の放送でいつもなんだかなと思うのが、試合後のインタビュー。

いま目の前で起こった出来事について、あらかじめ作られた質問原稿どおりに訊くなよって。
本当に今の試合観ていたのかと思う。
あの時間になると、いつも観ていて恥ずかしくなる。
W杯出場を決めた試合のときも、今回もヒドいインタビューだった。

オシムさんのときは、皮肉たっぷりに返されてインタビュアーがタジタジになるのが面白くて、
ざまあみろと思って見ていたけれど、
真剣勝負をした直後に時間を割いて来ている選手・監督に対して失礼だと思う。

『スネークマンショー』で、戦場で被弾した兵士に「痛いですか?」と訊くコントがあったけれど、
それと同じ。コントにもならない。

ニュースステーションの頃の鋭い久米さんみたいな、
観ている人間が「それを訊いてくれ」って思えるインタビューはできないものか。

「代表戦には全然興味がないんで」と、今日も学校で公言して帰ってきた人間です。
予選日程がすべて終わったのに、相変わらず代表チームには気持ちが入りません。
色だな、きっと。
[PR]
by morgan1969 | 2009-06-18 03:40 | スポーツ

ファン申請

※ メッセージを入力してください