ときに"モーガン"、ときに"たけちゃん"、そろそろもうひとつ名前が欲しい。
<   2009年 07月 ( 8 )   > この月の画像一覧
2009年 07月 31日
iPod暴走ネタ(GReeeeN編)
前回はスキマスイッチでした。今回はGReeeeNです。

c0036744_02043100.jpg


かろうじて挨拶っぽい。




c0036744_0205977.jpg


さしりです。。。。。なんか好き。




c0036744_021148.jpg


・・・・・・

[PR]
by morgan1969 | 2009-07-31 00:31 | Mac
2009年 07月 26日
【09浦和】なす術なく
"プリウス景気" を目の前で見せられてしまいました。

今シーズンの始めは、
次はどんなサッカーが観られるんだろうとか、どんな若手が出てくるんだろうとか、
毎試合楽しみでワクワクしていたけれど、
さすがに二巡目になると相手は研究してくるし、
今日は誰がいない?とか、前試合の修正はできているのかとか、
極めてネガティブな見方をしてしまっている自分に気がつく。
そうなると、勝てなかったときの疲労感は大きいし、ホームで今日のような完敗はさらにズシンとくる。
怪我から復帰してくる選手に期待を寄せるのも、それはただの言い訳でお門違いだと思う。

結局まだその程度のレベルということなんだな。
それに「教科書どおり」な感じも気になる。
我慢の年と覚悟はしていたんだけども・・・。



03/14 ○ 3-1 vs FC東京
04/04 ○ 1-0 vs 大分
04/18 ○ 1-0 vs 京都
05/10 ● 2-3 vs 川崎F
05/16 △ 0-0 vs G大阪
07/11 ○ 2-1 vs 広島
07/25 ● 0-3 vs 名古屋
[PR]
by morgan1969 | 2009-07-26 00:23 | 浦和レッズ
2009年 07月 20日
幼少期へ
c0036744_19482449.jpg


私用で町田に出かけてきました。

そのついで、
僕が過去に過ごした街々で、ただ一箇所だけ再訪問していなかった、
稲城市の某団地に寄ってみました。

幼少の頃数年いたから・・・・・ざっと35年ぶり。
この最上階、ガキの頃の僕が覗いていた窓・・・。
この窓から『マムシ注意!』って看板がよく目についたのを今でも覚えています。

あの頃感じていた世界って、ちっちゃかったんだなぁ。
公園の広さも、幼稚園までの距離も、坂道の傾斜も、その頃とまったく変わっていないのに。

こうやって自分の今と昔を、記憶でなく地理上で繋ぐことで、
不思議と気持ちが落ち着いて、次に進めるような感じがします。
[PR]
by morgan1969 | 2009-07-20 20:00 | 雑記
2009年 07月 13日
ドライバー2本
ニュー・アイシャで走行中ナニをナニするために、
自力でナニをナニすることに挑戦した。

ナニの作業ができないと気がつくと、ドライバーを1本買いに行き、
それでねじ穴潰して、結局もう1本ドライバーを買いに行き・・・・

とりあえずナニできたので、結果オーライのDIYデーでした。
伏せ過ぎご容赦ください。ま、わかるか。

c0036744_19071.jpg

[PR]
by morgan1969 | 2009-07-13 19:00 | 雑記
2009年 07月 11日
【09浦和】やりたいことをやられて
c0036744_5335460.jpg


勝ったのにこんなに喜べない試合ははじめてだ。

やりたいことを見事に相手にやられてしまった。

佐藤寿人の得点シーンは素晴らしかった(個人的に好きな選手なこともあり)。

こういう勝ち点の拾いかたもあるのかもしれないけれど、
監督は懸命に選手をかばっていたけれど、
ココ数試合の内容にはかなり我慢を強いられているのが実情で、
心から単なる小休止であって欲しいと願うばかり。
3と34がいないのは痛かった。
「誰が出ても・・・」なんてまだまだ遠いなぁと実感させられた。



03/14 ○ 3-1 vs FC東京
04/04 ○ 1-0 vs 大分
04/18 ○ 1-0 vs 京都
05/10 ● 2-3 vs 川崎F
05/16 △ 0-0 vs G大阪
07/11 ○ 2-1 vs 広島
[PR]
by morgan1969 | 2009-07-11 23:01 | 浦和レッズ
2009年 07月 08日
音楽の聴き方 〜Perfume「⊿」
僕はウォークマン世代。
カセットテープという媒体の性質上、少々気が乗らない曲もほとんど飛ばさず(飛ばせず)聴いた。
音楽はアルバム単位が基本だった。

ソフトがCDに変わった時点で、曲を容易に飛ばせるようになったし、
僕自身もすっかり「聴き通す」忍耐を忘れてしまった。
そして、Prince「Lovesexy」での反抗・・・。
でも、iTunes Storeのように曲単位での購入が可能な今、
アーティストの「アルバム=ひとつの作品」という思いはどれだけの人に届くのだろうか。

でもって、Perfumeの新作。

モンスターな前作とはイメージが変わって当然なわけで、
YMO「BGM」をはじめて聴いたときの複雑な感情・・・といったら褒めすぎかも知れないけれど、
シングルの寄せ集めのようなアルバムが多いなか、
前作より地味ながら、全曲通して聴ける作品だと思いました。

イモ欽トリオ(古っ)あり、Wink風ユーロ歌謡あり、
賛否両論のほぼインストあり(これがまた良い)、
決して万人受けを狙っていないサウンドもハーモニーも、相当計算されている匂いが。
今までのリスナーに媚びを売っているように聞こえる「ワンルーム. ディスコ」ですら、
なかなか考えられていてニヤッとします。拍手。

でもね、iPodでは"⊿"が表示できませんです。
[PR]
by morgan1969 | 2009-07-08 23:44 | 音楽
2009年 07月 06日
「陽だまりの樹」
一週間かけて読み終えました。

手塚作品を読み終えるたび「どうしてもっと早く読んでおかなかったんだろう」という気持ちになります。
今回もそうでした。

この作品の舞台・・・幕末から明治維新にかけての日本史を、僕はほとんど知らないでいます。
恥です。でも僕のせいだけではないとも思うのです(笑)
学校の先生がそれぞれ思い入れの強い時代を懇切丁寧に授業を展開されるが故に、
ちょうどこの時代が登場する時期って、歴史の授業でいうと年度末にずれ込んでくるあたりで、
小中高と、教科書を音読するくらいで、まともに授業を受けた記憶がないのです。
しかも高校時分の選択は世界史だったし。
勝、西郷、龍馬、慶喜、諭吉と名前は出てくるけど、人間関係がさっぱり・・・。
ちょっと勉強します。

伊武谷万二郎と手塚良仙、
このように、ふたりの登場人物を並行して描いている作品には興奮します。
・・・アドルフ・カウフマンとアドルフ・カミル、
・・・鳳凰編の我王と茜丸、
ちょっと違うけど、小山内桐人と竜ヶ浦教授なども。

うちの本棚には、じつはまだ読んでいない作品が結構あって、
だから今を生きているのに勿体ないと思っています。
[PR]
by morgan1969 | 2009-07-06 23:23 | 雑記
2009年 07月 02日
マイケルの本当の凄さはライブじゃないとわからない。
マイケルが亡くなって、
一日一回なにかのアルバムを聴いたりしているけれど、
なんだかピンとこなくて。

テレビでも毎日のように
「Thriller」「Beat It」「Billy Jean」「Bad」が流れるけれど、
それでもピンとこなくて。

先日の専門学校の授業「key実技」という名前なんだけど、
90分まるまる、87年の来日公演とその直前に放送された日テレのドキュメントを観せた。そして観た。
どうやらこの「Bad Tour」の映像は貴重らしい。オフィシャルでも出ていないようだ。

マイケルの凄さは映像でないとわからない。
87年だと、まだ人間に見える時期のマイケル。絶頂期。
あれだけ踊って、最後まで歌も衰えない。
ジャクソン5メドレーのところで、涙が出そうになった。

今日は「Dangerous Tour - Live In Bucharest」を観た。
演出とダンスはもう神の領域。革命以外の何物でもない。
87年と見比べるとその進化は一目瞭然。ムーンウォークだけ見ても全然違う。
以降様々な人がマイケルを真似、しかも未だ誰もその域に届いていない完成度に度肝を抜かれる。

アルバム「Dangerous」はそれまでよりデジタルっぽくて、最初はちょっと抵抗があったけど、
その頃ヒップホップ寄りのR&Bばかり聴いていた僕は、
テディ・ライリーの「カッ!」ていうスネアの音をどうやって作ろうか、日々コンプのツマミと格闘し、
ドライなボコーダー風のコーラスを「○○使っているらしいよ」と聞けば買いに走り・・・そんな奴でした。
だから思い出もいろいろあるアルバムだったりして・・・・


リアルタイムで知らない人も、これを機にライブDVDを観よう。
アポロは本当に月に行ったか怪しいけれど、
マイケルは間違いなく誰よりも早く月に到達してしまった、そんな感想を持ちました。


旬なマイケルの話はこれっきりにするでしょう。
昔からずっとカバーしたいと思っていた「P.Y.T.」を、本当にいつかどこかでやりたいです。
[PR]
by morgan1969 | 2009-07-02 19:22 | 雑記

ファン申請

※ メッセージを入力してください