ときに"モーガン"、ときに"たけちゃん"、そろそろもうひとつ名前が欲しい。
<   2010年 06月 ( 21 )   > この月の画像一覧
2010年 06月 30日
ずっと眠かった。
専門学校にて。
いつも午後は眠いけど、まあ3限を乗り切ればなんとか・・・・ってかんじなんだけど、
昨日は4限も倒れそうなほど眠かった。いつもの体調とは明らかに違った・・・





いやぁ、気がついたら延長後半でした。





試合の状況を判断するのに数分かかり、
阿部ちゃんがピッチにいないことに気づくと、更にテンションが下がってしまいました。
しかもPK戦になったことで、アクセル踏んでも気持ちはハイにならず・・・・

試合後の長谷部の言葉はとても素晴らしく、
これは浦和サポとして誇りに思い、
逆に岡ちゃんへのインタビューは、表面的で、誰もききたくない内容の最低な質問でした。

ただ、これまでのスポーツ観戦において、
試合に敗れて選手の多くが涙する場面って、あまりお目にかかった記憶がありませんでした。
高校野球ではあっても、プロチームでは見たことなかったなあと。
懸けた思いの強さが伝わってきました。
チームワークも良かったんだろうと思いました。


頑張ってスペイン vs ポルトガルを見ようと思いましたが、
こちらも気がついたら朝のニュースでした。
そして寝床に戻って・・・・目が覚めたらお昼のニュースでした。
相当疲労がたまっていた様子。





さて・・・最近の番組にありがちな、
またまた今回も登場した僕の大嫌いな言葉



感動をありがとう    へっ(笑)



さも国民全員が同じ思いで見ていたかのように、メディア越しにキャンペーンはるのはどうなんでしょう。
感動なんて個人レベルの気持ちなわけだから、勝手に代弁してくれるなって思う。
少なくとも選手は必死だったはず。
感動なんて安っぽい言葉で返してあげるなとも思う。
この言葉を使うと、良かったことも悪かったことも丸くおさまっちゃう。
それは問題。

小学生時分によくあった
「ではみんなで、○○さんにお礼を言いましょう。(ユニゾンで)アリガト〜〜ゴザイマシタ〜っ!」
ってやつと同じ強要のニオイがする。嫌いだったなぁアレ。
[PR]
by morgan1969 | 2010-06-30 11:38 | 雑記
2010年 06月 29日
iOS4にした。
iPod Touch (3Gen) をiOS4にしました。

マルチタスク感ですが、イマイチよくわかりません。
複数のアプリを立ち上げてる状況が、視覚的に理解しにくくて。

圧倒的にiPodとTwitter閲覧用として触っている時間が長いので、
そちらで何か変更点があれば・・・と思ってみたら・・・

僕は動画を「ムービー」「ミュージックビデオ」「テレビ番組」という3種類に分けて、
プレイリスト内にそれぞれのフォルダを作って管理しています。

今回、プレイリストがフォルダ単位で同期できるようになったのは大きな進歩。
iPod Classicも併用しているので、
分類形態がほぼ同じになってくれたのはヒジョーに嬉しい。

アプリのフォルダも画面がスッキリして良いです。

c0036744_2212642.jpg








いつもは真紅の浦和レッズオフィシャルHPが、今日ばかりは青に・・・・
その昔、負けてばっかだった頃、アウェイユニは青だったんだよ。
縁起でもない・・・・

c0036744_22122256.jpg

[PR]
by morgan1969 | 2010-06-29 22:02 | Mac
2010年 06月 25日
「後進の指導」続き
なぜ昨日のブログがあんな内容になってしまったかというと、
前日の深夜、「音楽の正体」以来ともいえる痛快な番組をみたことが原因だったりします。

クラシックから理論を学んで、
ガチガチではあるけれど機能的な部分は相当使える、知っておくべきだと僕は思っていて、
なんとか商業音楽カラーに適したゆる〜い導入方法はないだろうか、
もちろん音楽である以上フィールドは一緒なんだけれど、
両者の溝みたいなものが、未だにどこかみんなの気持ちの中に存在していて、
なんだか難しくて勉強するのもおっくうだと敬遠しがちだけど、
じつはみんな知っておきたいという気持ちはあるはずで、

そんなスペースを埋めるように、今まで自分の中になかったアプローチで展開されていた。
書籍も出ていたので即購入。
赤線を引きながら読み進めています。

必ずしも人のためにやっているわけじゃなくて、
自分の視点を変えるため、という部分が大きいかも。
[PR]
by morgan1969 | 2010-06-25 20:50 | 雑記
2010年 06月 24日
「後進の指導」ということば
ずっと嫌いだった。
誰かに教えるなんて、一人前になってからだろって。
でもそのうち、人間は一生かけても一人前にはなれんのだと気づき、考えが変わった。


20代後半になって、
ひょんなことから専門学校というところで教えることになって、
そこでまず思ったのは
「商業音楽をやるのに、お金出して習いに来るのか?」というカルチャーショックだった。
そして、音楽学校にくる輩は
「楽器が弾けて当たり前、楽譜が読めて当たり前」というのが僕の中での常識だったのだが、
その見方がズタズタに崩れ去った。
ならば、どうやったらこいつらの脳ミソに刻んでいけるんだろうと考えた。


苦い過去がある。

僕の通っていた高校は、世間的には進学校であり、システム上は教育実習校であった。
頭の良いOBも実習にやってくる。

高校1年一学期、数学の授業。
その実習生はきっと、とても賢かったんだと思う。
でもその説明のしかたは、頭がいい生徒への説明のしかただった。
理系脳%が著しく低い僕にはまったく響かなかった。
実習は2週間と長い。数学だから週の授業数も多い。
その人の顔を見るのが憂鬱になった。心の中で下手クソ!と叫んでいた。
実習が終わったときには修復不能だった。
数学の成績が一気に地に落ちたのはそのときからだ。

あれは僕が悪いんじゃない。あの授業がまずかったんだ。
今でもそう思っている。


その苦い経験は繰り返したくない。
わからない辛さをスカッとさせてやりたい。
そのために心懸けていることがある・・・・それは言えないけどね。
でもその手段は、なんだか自分の父親のそれと似ているなぁって思う。

人に説明するために自分も勉強する。
すると曖昧だった部分が明らかになってくる。
相手が曖昧に感じる部分を知るためにも勉強しなくては。
結果的には自分のためでもある。だから楽しい。


数年にひとり位の割合で「才能」に満ちあふれた子が入ってきたりするけれど、
残念ながらそういう子には、自分が思っているようなプロセスは通用しない。
僕は天才じゃないので、天才は放し飼いだ。
ヤツが天狗にならないように叩くのは主任の仕事。
そこまで介入するのは教師であって講師ではない、というのが僕の考え。
[PR]
by morgan1969 | 2010-06-24 19:10 | 雑記
2010年 06月 23日
それでもStarWarsコレクター
こんな話題でスイマセン。

今年に入って新たなキャラクターがないと思ったら、こんなのが出ていました。


c0036744_16195660.jpg














本当は・・・











c0036744_1620766.jpg


スターツアーズUS限定モノ。







なんていうか・・・・・








コレクターの悲しいSAGA。
[PR]
by morgan1969 | 2010-06-23 16:22 | STAR WARS
2010年 06月 22日
PSP版「ナルキッソス〜もしも明日があるなら〜」
Twitterでは昨日大々的につぶやきました(?)が、

PSP版「ナルキッソス〜もしも明日があるなら〜」

というソフトが、あさって24日に発売になります。

ゲーム内容は・・・・
僕はMac使いで体験版すらプレイしていませんのでコメントできません。ぜひコチラで。




そして翌25日に、そのゲームのボーカルアルバムがリリースされます。



c0036744_2412479.jpg

僕のサイト紹介ページからAmazonへ行けます・・・




このなかで僕は、M-5「Last Flower」の作編曲をしました。
曲のミックスは専門学校の同僚、いつものKさんにお願いしました。


ここ数年、自分では結構曲を書いてきたという印象だったけど、
CDというパッケージになって発売されるのって、じつはものすごく久しぶり。
("エロゲー" じゃない仕事も久しぶり)
コンピであれ、なんだか嬉しい。

そのうち誰かのアルバム作れればいいなと思います。
それを夢見てこの世界に飛び込んだわけなんで。


今回の楽曲を制作をするに当たっては、
ゲームイメージとはむしろ反対の「アップテンポの明るい曲」という注文があり、
これが僕的にはバッチリ。
「逆説」大得意、水を得た魚のように作曲できました。
アレンジはかなりシンプル、ほとんど何もしていないといってもいいくらい。
(大森真理子ちゃんとの歌入れの様子は以前のブログで)

CD全般にミディアム、スローの情緒豊かな楽曲が集まっています。
という意味では、本曲のおさまる場所があって良かったなあと思います。

是非聴いてみてください。宜しくお願いします。







最近ハマッていると先日このブログに書いた、
Katy Perry「California Gurls」のPVが解禁になりました。

Katy Perryは過去にThe Matrixというバンドと作品を作っていたようで、
iTunes Storeでも買えますが「Damn」という曲、これがまたとてもカッコ良いです!

それと並んでここ数日よく聴いているのがUffieのデビュー盤。
こちらはよりグッとエレクトロ。日本盤は明日発売。
[PR]
by morgan1969 | 2010-06-22 02:51 | 音楽
2010年 06月 21日
あいさつ
ここ最近、顔を合わせるなり、
あいさつ代わりに、iPod Touchを振りまくってます。
ご容赦いただいておると勝手に解釈しています。


c0036744_18135040.jpg

c0036744_1814354.jpg



どちらもJAPANではありませんが。
[PR]
by morgan1969 | 2010-06-21 18:15 | 雑記
2010年 06月 14日
柳ジョージ LIVE 2010 セットリスト
一般のアーティストに比べてMCの時間が少ないです。
アンコール含めてほぼ100分コースでした。

c0036744_10404818.jpg



朝、以前買って大好きになったパン屋に行って、また買い物をしました。

c0036744_1041141.jpg

[PR]
by morgan1969 | 2010-06-14 10:42 | 音楽
2010年 06月 13日
柳ジョージ@福岡〜千秋楽〜
千秋楽は福岡。ツアーが終わりました。

その瞬間の空気を味わうと、いろいろあったけど幸せな気持ちになります。



毎日コロコロと変わる気温・天候のなか、ジグザグに日本を横断してしんどかった3月、4月。

今年後半の自分に繋げられるよう、考えながらプレイしていた5月、6月でした。



もう梅雨か・・・

プレイヤーとしての竹中、失職します(笑)


時間あるのでお仕事やりますよ!
[PR]
by morgan1969 | 2010-06-13 19:14 | 音楽
2010年 06月 12日
柳ジョージ@熊本〜青ガエルに乗り鉄〜
個人的には、今回のツアーの中でも五本の指に入る出来でした。

毎回、本番のジョージさんの声の調子とか、テンションとか、
僕たちのオブリに呼応するように「Oh! yeah!」みたいにシャウトする回数なんかを数えながら、
その日到達するであろうMAXをイメージして演奏しています。
そういった総合的な意味で、とっても良いコンサートができたと思ってます。

コンサートの報告はココまで。



メインはこれから。

前々日に急遽、熊本泊がなくなってライブ後即移動になり、
でもどうしても乗っておきたい電車があって、
サウンドチェック後〜本番までの時間で行ってきました。
いかんせんローカル路線だもんで、30分に1本の発車タイミングに合わせなくてはなりません。

熊本電鉄は、東京で活躍した車両が今も現役で走っている路線です。

16:55 藤崎宮前駅から北熊本駅まで、まずは旧都営三田線車両で。

車道との併走区間があって、
とある番組でも登場したらしい、家の軒先すぐのところを電車が通過する場所がありました。
6分揺られ・・・

17:01 北熊本駅に到着。

c0036744_7394163.jpg

c0036744_7395424.jpg


通称「青ガエル」。渋谷駅ハチ公前広場にある、あの車両です。
急いで撮影、すぐ発車。

17:02 北熊本駅発車。

一両編成ワンマン用に改造してあります。料金箱やら・・・バス同様。

c0036744_7404767.jpg

c0036744_741114.jpg

c0036744_7412377.jpg

c0036744_7413887.jpg


つり革は「東急渋谷店」そのまんま。

17:11 上熊本駅到着。わずか9分の旅でした。

c0036744_7421191.jpg

c0036744_7422121.jpg


いつもの自分撮り。口内炎が痛くてかなり仏頂面。


本当は2時間コースでじっくり見て、乗って、歩いて、撮ってきたかったけど、
18:00開演だったし、雨も降ってきたし、後ろ髪引かれる思いで、急いでタクシー拾って戻りました。

c0036744_7425157.jpg




c0036744_843247.jpg




ライブが終わって即福岡へ移動。
遅い夕食はもつ鍋をご馳走になり、
さらに、同行している四谷天窓担当のスタッフの方が昔通ったという天神大丸前の屋台へ。
ラーメンを頂く・・・・かなり効いた・・・!
サッカー関係者が多く訪れるらしく。 ポスターもイイよね。

c0036744_7451090.jpg

[PR]
by morgan1969 | 2010-06-12 22:09 | 音楽

ファン申請

※ メッセージを入力してください